チョコレートから考えるCSR  アムネスティ・インターナショナル CSRセミナー

 チョコレートの製法~「カカオ豆を炒って粉にし、砂糖と牛乳と・・・そして、アフリカの子どもたちの汗と血と涙を加えたもの」。現在のチョコレートの製法は、皮肉を込めてこのようにいわれます。チョコレートはカカオ豆から作られ、世界一のカカオ産出国は西アフリカのコートジボアールです。この国の60万ヶ所のプランテーションから世界の43%のココアが生産されますが、そこでは現在15000人の子どもが労働者として働いているといわれます。この問題について、チョコレートメーカーも交えて大がかりな取り組みがなされていますが、日本ではまったく知られていません。日本でも少しずつフェアトレードの食品が出回ってきましたが、欧米のシェアから比べるとまだ微々たる現状です。
CSR(企業の社会的責任)としての取り組みとして、カカオ豆、コーヒー豆、紅茶などに関わる児童労働の撲滅に向け、市民・消費者としてできること、企業人としてできることはあります。あまり知られていないカカオ豆農場の子どもの人身売買や奴隷労働に近い状況と、ILO、企業、NGOのそれぞれの最前線にいる方の報告をお聞きし、日本企業のこれからの社会的責任の取り組みのひとつとして、この問題を考える端緒になるよう考えていきます。企業でCSRに関わっている人だけでなく、CSRに関心を持つ方はぜひご参加ください。

開催日時 8月8日(月) 18:30~20:30
開催場所 富士ゼロックス株式会社 講堂
港区赤坂2-17-22赤坂ツインタワー東館3階
プログラム 講師(パネラー)
野口好恵さん:ILO児童労働撲滅国際計画(IPEC)上級法律担当官
古澤準一さん:イオン株式会社SA8000 PTプロジェクトチーム・リーダー
石 弘之さん:北海道大学公共政策大学院教授「子どもたちのアフリカ」著者
司会 寺中誠:アムネスティ・インターナショナル日本事務局長 
定員 130名
参加費 1000円(資料代)
主催 社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
協力 富士ゼロックス株式会社社会貢献推進室、イオン株式会社
お問合せ 社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所 CSRチーム
住所 千代田区神田錦町2-2 共同ビル(新錦町)4F
TEL 03-3518-6777
FAX 03-3518-6778



愛・地球博 地球市民村

 総入場者数が1000万人を超え、ますます活気にあふれる愛・地球博。メインテーマは「自然の叡智」、サブテーマに「宇宙、生命と情報 」「人生の“わざ”と智恵 」「循環型社会 」を掲げ、国家や企業だけでなく、「NPO/NGO」など「市民」の参加が重視されている万博です。地球市民村は国内、海外で活躍するNPO/NGOユニットを公募により選出。毎月5ユニット、6か月で全30ユニット約100団体が出展し、地球規模の課題にいち早く取り組む市民の活動を、世界にアピールしています。
会場では現場スタッフや世界各地の人々と楽しく学べる参加型体験学習の機会を提供し、展示やワークショップを通じて個人に何ができるかを問う「気づきの場」を目指します。出会いのゾーンでは、天空スクリーンを仰ぐアースドリーミングシアターや地球市民宣言のコーナー、参加NPO/NGOの紹介などが展示・展開されています。体験と交流のゾーンでは、5つのパビリオンで、NPO/NGOユニットが展示や体験型ワークショップを展開します。広場では、世界の歌や踊り、ゲストを招いてのトーク&ライブや映像ショー、シンポジウムなども随時開催されているので、催事スケジュールを確認して愛・地球博にお出かけの際は、ぜひ地球市民村にお立ち寄りください。

<関連サイト>
(地球市民村)
http://www.expo2005.or.jp/jp/C0/C3/C3.8/C3.8.3/index.html

開催日時 3月25日~9月25日
9:00~22:00(8/31までの瀬戸会場は9:00~19:00)
開催場所 愛・地球博 長久手会場(地球市民村)
参加NPO/NGO 8月
特定非営利活動法人 中部リサイクル運動市民の会
特定非営利活動法人 生態教育センター
国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター
特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会
社団法人 ガールスカウト日本連盟
9月
特定非営利活動法人 ソムニード
たんぽぽの家
日本国際飢餓対策機構
東アジア環境情報発伝所
特定非営利活動法人 NPO birth
主催(URL) http://www.expo2005.or.jp/jp/ (愛・地球博公式サイト)
http://www.global-village.expo2005.or.jp/ja/index.html (地球市民村)
お問合せ 地球市民村
TEL 052-955-2005(愛・地球博コールセンター)
E-mail info.ngv@hakuhodo.co.jp



NGO交流会 「市民が考える国際協力」

第13回実施時の様子
 NGOとは、世界の困っている人を助けるための活動をしている市民団体。そんな基本的な事柄からわかりやすく紹介するイベントが、このNGO交流会です。三鷹市近隣で活動しているNGO団体を招き、NGOとは何をしているのか、どのような人たちなのかといった点を、パネルディスカッション形式で紹介していきます。パネリストは、ピナツボ復興むさしのネット、シャプラニール(市民による海外協力の会)、るまばぐーす(市内のフェアトレードの店)、スタディーツアーの会(MISHOPのメンバー)です。また、活動を紹介したパネル展示のほか、ビデオ上映も予定されています。中学生以上ならどなたでも参加できるので、NGOがより身近に感じるようになるこの交流会にぜひご参加ください。

開催日時 8月27日(土) 13:00~16:00
開催場所 三鷹市市民協働センター2F 大会議室
三鷹市下連雀4-17-23
プログラム NGO関係者によるパネルディスカッション
各団体の活動紹介ビデオ上映
パネル展示、質問タイムなど
定員 先着80名(無料)
申し込み方法 電話にてお申し込みください
主催 (財)三鷹国際交流協会(MISHOP)
お問合せ (財)三鷹国際交流協会(MISHOP)
住所 三鷹市下連雀3-30-12 三鷹市中央通りタウンプラザ4F
TEL 0422-43-7812
FAX 0422-43-9966
E-mail mishop@parkcity.ne.jp


top
東京都国際交流委員会 れすぱすトップ バックナンバー 地球村へのパスポート アパートれすぱす 今月のピックアップ