国連創設60周年記念 2005年「世界人口デー」特別シンポジウム ―女性と健康そして開発を考える―

 「世界人口デー(7月11日)」は、1987年7月11日に世界人口が50億人に達したのを記念して、世界の人口問題の認識を深めることを目的に国連が定めた日です。 この日を記念して、国連人口基金(UNFPA)、国際家族計画連盟(IPPF)、人口問題協議会、ジョイセフなどが共催で、毎年シンポジウムを、その年の世界人口白書(UNFPA発行)のテーマを踏まえて開催しています。2005年の世界人口デー特別シンポジウム「女性と健康そして開発を考える」では、1995年の第4回世界女性会議から10年が経過した今年、女性の健康と権利は、確保・促進されたのかを改めて検証します。一方、今年は国連創設60周年であり、さらには「ミレニアム開発目標」の中間レビューの年としても位置づけられています。あらゆる角度から女性の健康や権利を、開発の視点から見直す重要な年でもあります。これらのテーマに沿ってさらなる議論を深めたく、皆様の参加をお待ち申し上げます。なお、加藤シヅエ賞授賞式も同時開催されます。

開催日時 7月7日(木) 13:30~17:00
開催場所 日本プレスセンター10階ホール
(東京メトロ千代田線霞ヶ関駅より徒歩1分、都営三田線内幸町駅より徒歩1分 )
プログラム 13:30 開会挨拶: 明石康(人口問題協議会会長・元国連事務次長)
13:40 対談「有森裕子国連人口基金親善大使アフリカ報告」
14:15 加藤シヅエ賞授賞式 (受賞グループ:富士見産婦人科病院被害者同盟 代表 小西熱子)
15:05 シンポジウム: 女性と健康そして開発を考える
定員 300名
主催 人口問題協議会、(財)ジョイセフ(家族計画国際協力財団)、(社)日本家族計画協会
後援 国連人口基金(UNFPA)、国際家族計画連盟(IPPF)
協力 (財)アジア人口・開発協会、NPO2050
URL 詳細・お申し込みなどは下記サイトをご参照下さい。
http://www.joicfp.or.jp/jpn/event/sympo_2005.shtml
お問合せ (財)ジョイセフ「世界人口デー」特別シンポジウム係
住所 〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-10 保健会館新館
TEL 03-3268-3150
FAX 03-3235-9776
E-mail info2@joicfp.or.jp



インターナショナルフェスティバル

 記念講演会、日本語スピーチコンテスト、インターナショナルバザールからなる「インターナショナルフェスティバル」が開催されます。記念講演会の講師は日本人女性として初めて宇宙飛行をした向井千秋さんのご主人で、慶応大学医学部助教授の向井万起男さん。病理医ですが週刊誌にエッセーも書いています。宇宙を飛んだ千秋さんの話を基に、とても面白い内容の話が聴けます。日本語スピーチコンテストは、日本語を母国語としない人によるコンテスト。
調布市を外国人にとって住みやすい街にするには、調布市に来て感じたこと、日本に来て感じたこと、日本と自国との習慣の違いという4つのテーマの中からスピーチの内容を決め、ステージで披露してくれます。外国人から見た調布あるいは日本とは、どんなものなのでしょうか。アッと驚くようなスピーチが聴けるのでは。そしてあくろす2階では、調布市初の国際色豊かなバザールが開催されます。バングラディシュやネパールの手工芸品、アラビアンコーヒー、スリランカの紅茶やカレー、メキシコの民芸品、ボヘミアクリスタルガラス、フィリピンで母親達が作った民芸品など各国の特産品の販売やお国自慢料理、観光案内が楽しめます。屋内での開催なので雨天中止の心配もありません。皆さん揃ってお出かけ下さい。

開催日時 7月10日(日) 10:30~16:00
開催場所 調布市民プラザあくろす(京王線国領駅北口より徒歩1分)
プログラム 記念講演会 11:00~12:30
日本語スピーチコンテスト 13:30~15:45
インターナショナルバザール 10:30~16:00
住所 調布市国領町2-5-15
入場料 無料
申し込み方法 記念講演会は、電話またはFAXで事前にお申し込み下さい(定員100名)
主催 調布市国際交流協会
後援 調布市、調布市教育委員会
お問合せ先 調布市国際交流協会
TEL 0424-41-6195
FAX 0424-41-6194



第2回SVA絵本コンクール 「世界にとどけ 絵本は友だち」

 (社)シャンティ国際ボランティア会(以下SVA)は、設立当初からタイのカンボジア難民キャンプで図書館や図書の印刷・出版活動を続けてきました。現在は4か国で常設・移動の図書館活動を展開し、開発協力・復興支援に取り組んでいます。また、1999年からはカンボジアやラオスに「絵本を届ける運動」を行っており、「子どもたちと絵本の出会い」を支える活動を続けてきました。このSVA絵本コンクールもその流れを汲むもので、未発表の創作絵本を大募集します。テーマは「ひとつの地球 ひとつの命」。選作の1編は出版し、訳文を貼りタイ・ラオス・カンボジア・アフガニスタン・ミャンマー難民キャンプの子どもたちに届けられるとともに、全国の関係施設に寄贈されます。締め切りは7月29日消印有効、子供たちの未来と平和な世界への願いを、ぜひ1冊の絵本という形にしてください。

締め切り 7月29日(金)当日消印有効
  応募規定など詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.jca.apc.org/sva/ehon/news/ehoncon2005.html
入選発表 2005年11月初旬  SVAホームページにて発表。入選者には直接お知らせいたします。
賞状および賞金 大賞:賞状、賞金50万円  入賞:賞状、賞金10万円  奨励賞:賞状、賞金5万円
主催 社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)
後援 外務省、社団法人読書推進運動協議会、社団法人日本図書館協会、文部科学省
応募先&問い合わせ先 (社)シャンティ国際ボランティア会 「世界にとどけ 絵本は友だち」絵本コンクール募集係
住所 〒160-0015 新宿区大京町31慈母会館2F
TEL 03-5360-1233
FAX 03-5360-1220
E-mail craftaid@sva.or.jp
URL http://www.sva.or.jp


top
東京都国際交流委員会 れすぱすトップ バックナンバー 地球村へのパスポート アパートれすぱす 今月のピックアップ