文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017」

© Short Shorts Film Festival & Asia.

© Short Shorts Film Festival & Asia.

アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の季節がやって来ました! 19回目を迎える今年の映画祭のテーマは「cinemaTIC! cinemaTEC!」。6月1日(木)から25日(日)まで、都内5カ所と横浜1カ所の計6会場で開催され、140を超える国と地域から集まった9,000本以上のショートフィルムの中から、選りすぐりの約250本の作品が上映されます。

SSFF & ASIAでお楽しみいただける上映プログラムは、大きく分けて2つ。国別や世の中で関心を集めるテーマごとにセレクトされたショートフィルムを上映する『スペシャルプログラム』と、部門ごとに優秀賞を決定する『コンペティション』です。『コンペティション』の中でも、「インターナショナル」「アジア インターナショナル」「ジャパン」の3部門は『オフィシャルコンペティション』とされ、ここでグランプリに選ばれたショートフィルムは、次年度の米国アカデミー賞短編部門のノミネート候補作品となります。また、今年『コンペティション』の中に新設されたのが、「Cinematic Tokyo 部門」。SSFF & ASIAと東京都がタッグを組み、「東京」を題材として制作されたショートフィルムを通して、「東京」が持つ多彩な魅力を発信していきます。

長いもので30分前後、短いものではわずか1分ほどのショートフィルム。しかし、ドラマ、アニメーション、ドキュメンタリーなど、そのバラエティは豊かで、短い尺だからこそできる映像表現や、ウィットに富んだ物語を楽しむことができます。SSFF & ASIAでは、一部の有料イベントを除いて、作品は無料上映されます。プログラムやスケジュール、各会場へのアクセスなどの情報を公式サイトでチェック、気になる作品があれば、お早めにご予約ください!

※詳細は、下記のサイトをご覧ください。
■「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」ホームページ
http://www.shortshorts.org/2017/

【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。