文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

備蓄キャラバン~今やろう「日常備蓄」~

© 東京都

© 東京都

地震や台風など、いつどのような形で私たちを襲うかわからない自然災害。東京都では、災害発生後の自宅での生活継続のために、各家庭で日頃から利用している食料品や生活必需品を少し多めに買い置きしておく「日常備蓄」を推奨する「都民の備蓄推進プロジェクト」を展開しています。

この一環として、今年の7月から開催が始まった「備蓄キャラバン」は、「日常備蓄」についての知識を深め、実際の備えにつなげていくことを目的としたミニイベントです。備蓄品の収納術や簡易トイレの作り方を学ぶ防災ワークショップが行われるほか、備蓄品を使った料理レシピの紹介やクイズコーナーなどで、いざという時のための知識を身につけることができます。

備蓄キャラバンは来年の1月まで、都内各地のショッピングモールなどで、順次実施されます。自宅での備えの重要性を楽しく学ぶことができるイベントです。お近くの会場で開催される際には、ぜひ足をお運びください!


※詳細は、下記のサイトをご覧ください。
■東京都防災ホームページ
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1001855/1001884/1003371.html

【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。