文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

「100万人のいただきます!キャンペーン」


©TABLE FOR TWO

©TABLE FOR TWO

10月16日は国連が制定した「世界食料デー」。この日を記念して、開発途上国の子どもたちに給食を届ける「100万人のいただきます!キャンペーン」が開催されます。キャンペーンを実施するのは、開発途上国の飢餓と先進国の飽食という2つの問題の同時解決に取り組むTABLE FOR TWO International(TFT)。先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトのもと、社員食堂や店舗でTFTのヘルシーメニューを購入すると、代金のうち20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできるという仕組みを広げてきました。

今年で7回目となる「100万人のいただきます!キャンペーン」の開催期間は、「世界食料デー」の10月16日から11月末まで。「日本の食で世界を変える!」をテーマとし、“おにぎり”をシンボルとしてキャンペーンを盛り上げます。キャンペーン期間中には、さまざまな企業から寄付つきのTFTメニューや商品が販売され、日本のソウルフードである“おにぎり”を楽しみながら、気軽に社会貢献をすることができます。また、世界食料デーのランチタイムにおにぎりを食べている写真を撮影し、特設サイトに投稿すると、写真1枚につき100円が寄付となって、アフリカ・アジアの子どもたちに給食5食を届けることができる「おにぎりいただきます!ソーシャルアクション」も実施されます。

©TABLE FOR TWO ©TABLE FOR TWO

©TABLE FOR TWO

世界には、飢えに苦しむ人たちがいる一方で、食べ過ぎで肥満や生活習慣病など健康を損なう人たちがたくさんいます。世界の食の不均衡と健康的な食事をとることの大切さについて考え、行動するきっかけとして、まずは「おにぎりを食べる」という小さな一歩から始めてみてはいかがでしょうか。このキャンペーンでは、期間中に100万食の給食を届けることを目標としています。家族や仲間たちとおにぎりを分け合うように、あたたかな気持ちで世界の子どもたちと食事を分かち合ってみてください。

※詳細は、下記のサイトをご覧ください。
世界食糧デーキャンペーン100万人のいただきます!2015
「おにぎり一斉いただきます!」
http://jp.tablefor2.org/campaign/onigiri/

【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。