文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

One Minute Videoコンテスト ~世界へ届けよう 1分間の映像メッセージ~


2013年 第2回 One Minute Videoコンテスト ~世界へ届けよう 1分間の映像メッセージ~

テレビ、パソコン、メール、インターネット、携帯電話やスマートフォンなど、数多くの情報媒体が存在する現代社会。今、溢れる情報を受け取るだけではなく、主体的に情報を活用し自分の考えを発信していくという能力が求められています。こうした中で、公益財団法人日本ユニセフ協会では、2010年より、子どもたちの協調性、創造力、表現力などを育むことを目指し、メッセージを映像にして伝える「One Minute Video」という活動に取り組み始めました。

One Minute Videoは、1分間の映像制作を通して、世界中の子どもたちが自分たちのメッセージを世界に向けて発信し、国籍を超えて興味や意見、夢や希望を分かち合う活動です。2002年にスタートしたこのプロジェクトには、今では世界の70を超える国と地域から1,000人以上の子どもたちが参加しており、ユニセフ(国連児童基金)も世界各地で開催されるワークショップなどを支援しています。

日本ユニセフ協会では、2012年に第1回目のOne Minute Videoコンテストを開催。児童、生徒、学生を中心に、365作品の応募がありました。コンテストのテーマは「『地球市民になろう』~見つめよう、自分のこと、地球のこと~」。戦争、大震災、環境、食糧問題、子どもの人権、国際交流やコミュニケーションなど、さまざまな観点から「地球市民」についてメッセージを投げかける作品が集まりました。入賞作品が日本ユニセフ協会HP内の"One Minute Video"特設ページで公開されていますので、ぜひ一度ご覧ください。

そして、今年も引き続き、第2回One Minute Videoコンテストの作品募集が始まっています!あなたが思い描く「地球市民」とは、どんな人のことでしょうか。また、世界が抱えるさまざまな問題を解決するためには、どんな取り組みが必要でしょうか。あなたの考えを映像にまとめて、みんなに伝えてみませんか。作品の募集期間は、2013年4月1日から7月1日まで。DVDでの送付、またはYouTubeへの投稿によって応募することができます。個人はもちろん、友達同士やサークルといったグループでの参加でもかまいません。1分という限られた時間でメッセージを発信するというクリエイティブな課題に、ぜひチャレンジしてみてください!

One Minute Video ~世界に届けよう1分間の映像メッセージ~
http://www.unicef.or.jp/oneminute/index.html

【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。