文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

世界フェアトレード・デー2012


世界フェアトレード・デー2012

毎年5月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」。WFTO(世界フェアトレード機関:World Fair Trade Organization)に加盟する世界75カ国・約450のフェアトレード組織と生産者団体が、一斉にフェアトレードをアピールする日です。



フェアトレードとは、「つくる人にも環境にも優しい商品」を生産者から公正な値段で買い取る貿易のしくみのこと。より安く、より良い商品を買いたいと誰もが思うものですが、「安くて良い商品」の裏側には、低賃金での長時間労働や環境破壊など、苦い現実が隠されていることがあります。フェアトレードでは、途上国の女性や小規模農家など、社会的・経済的立場の弱い人たちに仕事の機会をつくりだし、公正な対価を払うことで、彼らが自らの力で暮らしを向上させること、また、環境を害さない持続的な生産を行っていくことを支援します。消費者は、コーヒーやチョコレート、衣料品や雑貨などさまざまなものを購入する際に、フェアトレード商品を選ぶことによって、貧困や環境破壊といった問題の解決に参加することができるのです。


2012年の世界フェアトレード・デーは5月12日。世界で一斉に実施されるのは、今年で11回目となります。日本でも、フェアトレード団体「ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレジ」が他のフェアトレード団体と協働し、「Support Fair Trade」をテーマにキャンペーンを展開します。5月12日に広尾のJICA地球ひろばで開催される「世界フェアトレード・デー2012」第1部では、生産者を迎えてのシンポジウムやフェアトレード・マーケットなどが行われる予定です。第1部終了後、会場を近くのイベントスペースへ移して行われる第2部では、ピープル・ツリーのファッションショーやライブが開催されます。そのほか、「世界フェアトレード月間」である5月中に日本各地で行われる関連イベントについても、下記の特設サイトで情報をチェックできます。“フェアトレードを応援したい”という方はもちろん、“フェアトレードについてもっと知りたい”という方も、ぜひお近くのイベントに足を運んでみてください!

世界フェアトレード・デー2012ウェブサイト:http://www.wftday.org

【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。