文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

THE TOKYO YAMATHON オックスファム・ジャパン


THE TOKYO YAMATHON

山手線のすべての駅を12時間以内に歩いて回るという、ユニークなチャリティイベントを知っていますか。その名も東京マラソンならぬ「TOKYO YAMATHON(東京ヤマソン)」!このイベントを主催しているのは、世界の貧困問題の解決に取り組むオックスファム・ジャパンを支援する在日外国人たちのボランティア組織、「オックスファム・ジャパンIVG(インターナショナル・ボランティア・グループ)」です。


オックスファムは1942年にイギリスで設立された国際協力団体(NGO)。世界90カ国以上で、貧困を克服しようとする人々を支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動しています。現在17の国と地域に拠点を置いており、オックスファム・ジャパンもそのひとつ。日本からの寄付を世界各地の人々に届けるとともに、貧困問題の解決には、日本の政府と市民が「貧困をなくそう」と声をあげることが大切だと訴え続けています。

Yamathon2011

オックスファム・ジャパンのボランティアグループであるIVGは、さまざまなチャリティイベントを企画し、集めた募金をオックスファム・ジャパンを通して世界中のオックスファムが行う活動へ寄付しています。今回ご紹介するTOKYO YAMATHONでは、1チームごとの参加費7,000円のうち6,000円がオックスファム・ジャパンに寄付され、世界のさまざまな地域で貧困から立ち上がろうとしている人たちの支援に活用されます。昨年の11月に開催されたYAMATHONには、86チーム、318人が参加し、60万円の寄付が集まりました。

cngallerycngallerycngallery

YAMATHONでは、3~4人が1チームとなって、早朝の原宿駅を出発。山手線の全29駅を通過し、12時間以内に原宿駅へ戻ってくることを目標とします。どのようなコースで歩くかは各チームの自由。体力、チームワーク、そして迷路のような東京を自力でナビゲーションする能力が試されるイベントです。IVGの活動は主に英語で行われていますが、YAMATHONには日本語の通訳が入るので、英語が苦手という方でも参加することが可能です。仲間たちと春の東京の景色を楽しみながら、国際協力にも貢献できるTOKYO YAMATHON。次回の開催は4月21日(土)です。参加登録は4月15日(日)の午後9時まで受け付けていますので、下記ウェブサイトよりお申込みください!
TOKYO YAMATHON公式サイト http://www.tokyo-yamathon.com/


また、オックスファム・ジャパン主催の小田原から山中湖までの100kmを4人1チーム、48時間以内に歩く国際協力イベント、オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパンは毎年、世界各国からの参加者を集めています。2012年は5月11日(金)~13日(日)の開催。TOKYO YAMATHONを足慣らしにトレイルウォーカーへ向けてトレーニングを行う方も少なくありません。このイベントへの参加およびボランティア登録も現在受付中です!
オックスファム・ジャパン公式サイト http://oxfam.jp/


【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。