文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

第22回 友情の5円玉キャンペーン/認定NPO法人 国境なき子どもたち(KnK)


国境なき子どもたち(KnK)/カンボジア

©国境なき子どもたち(KnK)/カンボジア

人と人との「ご縁」を結ぶという願いが込められる5円玉。認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)では、この5円玉を通して世界の子どもたちを支援する「友情の5円玉キャンペーン」を行っています。


国境なき子どもたち(KnK)は、開発途上国のストリートチルドレンなど、恵まれない子どもたちを支援するNGO。日本と諸外国の子どもたちがお互いの理解を深め、友情をはぐくみ、“共に成長していく”ことを目指してさまざまな活動を行っています。第22回を迎えた「友情の5円玉キャンペーン」もそのひとつ。日本の小学生や中高生の皆さんに、アジアの子どもたちの生活状況に関心を持ち、友情の印として5円玉を集めて募金しようと呼びかけています。


国境なき子どもたち(KnK)/カンボジア

©国境なき子どもたち(KnK)/カンボジア

キャンペーンで集まった5円玉は、ストリートチルドレンや人身売買の被害にあった子どもたち、また地震やサイクロンなど大きな自然災害で家や家族をなくした子どもたちのために使われます。たとえば5円玉が12枚あれば、開発途上国で1人の子どもが1日学校に通うことができます。また5円玉が34枚あれば、1人の子どもの1日の食費になります。日本に住む私たちにとって5円はそんなに大きな金額ではありません。けれど、5円玉だって集めれば、できることがたくさんあるのです。



国境なき子どもたち(KnK)/カンボジア

©国境なき子どもたち(KnK)/カンボジア

友情の5円玉キャンペーンは、継続的な支援を行うために、毎年2回行われていますが、第22回のキャンペーン期間は2012年の3月31日までです。国境なき子どもたちのホームページを参考に、自分たちでオリジナルのポスターや募金箱を手作りして、友だちやクラスの皆さんと一緒にキャンペーンに参加してみませんか?5円からできる国際協力です。

国境なき子どもたち(KnK)公式サイト: http://www.knk.or.jp


【ルビ入りワンポイント】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。