「下町の外国人もてなしカリスマ」として国際交流に貢献。澤功さん(澤の屋旅館館主)
積極的に外国人旅行者を受け入れることによって経営を立て直した澤の屋旅館が東京の下町、谷中にあります。客室数12室の一見何の変哲もない日本旅館ですが、宿泊客の9割以上が外国人のお客様で、年間5000人以上の外国人旅行者が宿泊しています。また、ご主人の澤功さんは、全国各地で外国人旅行者受け入れの啓蒙活動を行っていることから「観光カリスマ百選」の1人にも選ばれています。今回は、その澤さんに外国人旅行者を受け入れるようになった経緯や受け入れる際のポイント、啓蒙活動に力を入れている理由などをうかがいました。

Q 外国人旅行者を受け入れるようになった経緯から教えてください。
A 澤の屋旅館は1949年創業の家族旅館で、戦後の復興期には修学旅行の団体客や商用のお客様で賑わっていて、最盛期には客室が24室もありました。ところが、私が経営を引き継いだ翌年(1973年)に第一次オイルショックが発生します。さらに、個室でバス・トイレ付きのビジネスホテルが台頭するにおよんで宿泊客は徐々に減少。81年には赤字経営に転落したほか、82年7月には3日間連続して宿泊客がゼロになりました。下町情緒があふれる町で、「旅館をつぶした」と言われたくなったことから、外国人旅行者に活路を見いだすことにしたのです。

Q 家族旅館で外国人旅行者を受け入れるのには、相当悩まれたのではないですか。
A
はい。施設・設備は和式ですし、風呂も共同風呂です。日本人が泊らなくなった旅館に、外国の方が泊っていただけるとは思えませんでした。しかも、英語も話せません。1年以上も悩みましたね。それでも受け入れを決断したのは、それしか方法が思いつかなかったことと、先駆けて外国人旅行者を受け入れていた新宿の「矢島旅館」さんを見学したことです。矢島旅館さんは、当館と同じように家族で経営している日本旅館で、設備も和式でした。でも、外国人旅行者の方で賑わっていたのです。これなら、ウチでも受け入れられるのではないか。こう思うことができました。
Q 受け入れ当初は、いろいろご苦労されたこともあったと思います。
A そうですね。言葉に関しては、片言の英語と身振り手振りでなんとかなりました。今でも、片言の英語しか話せませんが、ほとんど問題はありません。困ったのは、文化や生活習慣の違いです。例えば、共同風呂の栓を抜かれてしまうのです。理由を聞くと、「自分が入浴して汚れたお湯に、他人が入るなんて考えられない」と言うのです。また、和式トイレの使い方にもまいりました。和式トイレの金隠しの上に用を足されたことがあります。国によっては、扉を背にするのが怖くて、どうしても正面を見て用を足すことからそうなったようです。でも、こうしたトラブルは、生活習慣が違うのだから当たり前なのです。日本人だって海外では、浴槽の外でシャワーを使うといったトラブルをよく起こしていると聞きました。これは良い悪いの問題ではなく、“違い”でしかありません。だから、文化・生活習慣の違いは、お互いを理解することで乗り越えていけると思います。
家族で外国人旅行者をおもてなしする澤さんご一家
ときには、館内で日本の伝統芸能「獅子舞」を披露

Q 澤の屋さんでは現在、年間5000人を超える外国人旅行者が宿泊されているとうかがいました。どこを気に入っていただいているのですか。
A 受け入れを始めた82年7月から数えると、90カ国12万人を超える外国のお客様にお泊りいただきました。安いからということもあるとは思いますが、お泊りいただいた外国人旅行者の中には、会社のマネージャーや学校の先生、弁護士といった高収入の方も少なくありません。そうした方になぜ当館に宿泊したのかを聞くと、「いつも同じ顔のスタッフに出会える家族旅館だから」と言うのですね。一時期、旅館を大きくしたいと思ったときもありましたが、常連のお客様から「今の澤の屋と変わってしまうのであれば、もう来ない」と言われてやめました。
Q 澤の屋さんの働きかけで、谷中の町全体でも外国人旅行者の方を受け入れる土壌が育っていますね。
A ある時、フランス人の芸術家の方に3カ月、お泊りいただいたことがあります。最初はどこか不満そうだったのですが、2、3日もすると楽しそうなのです。「日本の伝統文化が漂う町が気に入った」というのですね。そこで、英語の周辺マップを作り、周囲のお店にも玄関に「welcome」の表示と、英文のメニューを置いてもらうよう協力を依頼しました。その結果、日本人のお客様だけだったときは、旅館や宿泊客と町とはほとんど縁がなかったのに、外国人旅行者を受け入れたことで町とつながりができたのです。花見やイベントにも参加させてもらえるようになり、それがまた澤の屋の魅力になりました。
Q 観光カリスマとして、外国人旅行者受け入れの啓蒙活動にも力を注がれていらっしゃいます。
A 今、政府では2010年に訪日外国人観光客を1000万人にする目標を掲げていますが、その外国人観光客の6~7割は、エージェントを通さない個人旅行の方です。そうした方々を快く受け入れる宿泊施設がなければ、1000万人という高い目標を達成することはできません。私どものような日本旅館でも、外国旅行者を受け入れられるのだということを具体的な経営データ等を通して紹介することで、少しでも多くの旅館に外国人旅行者の受け皿になってほしいと思っています。実際の現場を知りたいというのであれば、いつでも澤の屋を見に来てください。


澤 功・さわいさお
1937年新潟県豊栄市生まれ。中央大学法学部卒業後、東京相互銀行(現在の東京スター銀行)入行。65年銀行を退職し、澤の屋旅館の館主に。82年から積極的に外国人旅行者を受け入れることで、旅館の立て直しに成功する。ジャパニーズ・イン・グループ会長、(社)日本観光旅館連盟副会長、(財)東京観光財団理事等を歴任。2003年「下町の外国人もてなしカリスマ」として「観光カリスマ百選」の選定を受けた。
■澤の屋旅館
東京都台東区谷中2-3-11
TEL.03-3822-2251 FAX.03-3822-2252
E-mail:sawanoya@tctv.ne.jp



top
れすぱす HOME バックナンバー 東京都国際交流委員会 今月のピックアップ アパートれすぱす れすぱすEYE ONE POINTれすぱす