文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ごみを減らして環境にやさしい生活を

この春、東京で暮らし始めたシャヒンさん。ある週末の午後、近所のスーパーマーケットに向かう途中で、お隣の京子さんと顔を合わせました。

ごみを減らして環境にやさしい生活を

京子

あら、シャヒンさん。あなたもお買い物?

シャヒン

はい。一週間分の食材をまとめ買いしようと思って…。あれ? これから買い物に行くのに、京子さんのマイバッグ、ずいぶんと膨らんでいますね。

京子

入っているのは、使用済みのペットボトルと食品トレイ、それに牛乳パックよ。スーパーの入り口にリサイクルボックスがあるでしょう?そこに入れるために家から持ってきたの。

シャヒン

資源ごみか!ぼくも持って来ればよかったな。つい忘れてしまうんですよね。故郷のバングラデシュでは、ごみの分別・回収がまだ一般的ではないので…。

京子

私も面倒だと思うことがあるわよ。でも、きちんと分別すれば、燃やしたり、埋め立てたりして処理するごみの量を減らすことができるし、資源として使えるものをリサイクルに回すこともできるでしょう?

シャヒン

ごみが環境に与える悪い影響を減らして、限りある資源を有効に使うということですね。

京子

シャヒンさんは、「3R(スリーアール)」という言葉を知っているかしら?

シャヒン

いえ、初めて聞きました。

京子

環境にやさしい持続可能な「循環型社会」をつくるための3つの取組を表したものなの。「リデュース(Reduce)」、「リユース(Reuse)」、「リサイクル(Recycle)」。頭文字がみんなRなので、3R(スリーアール)と呼ぶのよ。

シャヒン

リデュースは、減らすという意味ですよね。つまり、なるべくごみを出さないということか。リユースは、ものを繰り返し使うこと。そしてリサイクルは、ごみをもう一度資源として利用するということですね。

京子

その通りよ。3Rの中でも一番大切なのが、ごみそのものの量を減らす「リデュース」だと言われているわ。私たちが一番に取り組むべきことね。

二人はスーパーの店内で、同じ町内に住むベリンダさんと会いました。

シャヒン

ベリンダさんも日本へ来たばかりのとき、ごみの分別に戸惑いましたか?

ベリンダ

それはなかったわ。ドイツもごみの捨て方に細かいルールがあるから。私が戸惑ったことといえば、日本では商品の包装が過剰気味なことね。ベルリンには、「包装ゼロ」を掲げた量り売り専門のスーパーもあるのよ。

京子

「包装ゼロ」は無理でも、余分な包装を断るというのは、リデュースにつながる大事な取組のひとつね。買い物をするとき、ほかにはどんなことを心掛ければいいかしら?

シャヒン

京子さんのようにマイバッグを持参して、レジ袋をもらわないこと。不要な割り箸、おしぼりなどを断ること。食べきれる分だけ買うこと。

ベリンダ

洗剤やシャンプーは、詰め替えができるものを選ぶといいわね。

シャヒン

じゃあ、リデュースのために家でできることは何でしょうか?

京子

買った食材を無駄なく調理すること、残さず食べること。それから、生ごみは水気を十分に切ってから捨てた方がいいわよ。ぐんと減量できるから。

シャヒン

では、リユースはどうでしょうか?

ベリンダ

私は、着なくなった洋服をネットオークションに出したり、読み終わった本をリユースショップに持ち込んだりしているわ。

シャヒン

なるほど!ぼくにもできることがいろいろあるとわかりました。これからは、リデュース、リユース、リサイクルを意識して生活してみようと思います。

【ルビ入りEnjoy Tokyo らいふ】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。