文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

消費者トラブルに気をつけよう!

週末にバレーボールサークルに参加しているジャックさん。今日も練習を楽しんでいましたが、チームメイトのチョルスさんの様子が気になり、休憩時間に声をかけます。

消費者トラブルに気をつけよう!

ジャック

チョルスさん、今日はなんだか元気がないね。悩み事でもあるの?

チョルス

実は昨日、妻がエステの無料体験に行ったんだけど、そのまま高額なコースを組まされてしまって……

ジャック

ああ、僕の日本人の妻も同じような経験があるよ!

チョルス

えっ、本当に?

ジャック

しつこく勧誘されて、つい契約してしまったそうだ。でも、家に帰って来てから後悔してね。結局、クーリング・オフ制度を利用して解約したんだ。

チョルス

クーリング・オフ?

ジャック

一定期間であれば無条件で契約を解除できる制度だよ。僕の妻や君の奥さんのようなケースはクーリング・オフの対象となって、8日間は契約の解除が可能とされているんだ。

チョルス

そんな制度があるんだ!利用するには、どうすればいいのかな?

ジャック

消費生活センターに相談すれば、手続きの方法を教えてもらえるよ。

チョルス

初めて聞くけど、消費生活センターってどんなところなんだろう?

ジャック

商品やサービスに関する苦情や問い合わせを受け付けている機関さ。何かトラブルがあったら、自分の住んでいる地域の消費生活センターに相談するといい。地域のセンターがわからない場合は、国民生活センターの消費者ホットラインに電話をすれば、近くのセンターを案内してもらえるよ。

チョルス

なるほど!ところで、妻は日本語があまり得意じゃないけど大丈夫かな?

ジャック

だったら、東京都の消費生活総合センターの外国語相談を利用するといい。予約をすれば、英語、中国語、韓国語で相談できるよ。

2人は消費者トラブルについて話を続けます。

ジャック

通信販売はとても便利で僕もよく使うけど、トラブルも増えているみたいだね。

チョルス

そういえば、僕の同僚もネットショップで買った商品が届かなかったと怒っていたな。

ジャック

サイトの商品説明とかけ離れたものが届くこともあるみたいだね。ネットショッピングなどの通信販売はクーリング・オフの対象外なんだ。でも、返品のルールを広告やサイト上に表示していない場合は、商品が届いてから8日間以内なら注文した側の送料負担で返品できるそうだよ。

チョルス

そういう情報も消費生活センターに問い合わせたら、教えてくれるのかな?

ジャック

もちろん。消費者トラブルを解決するには、とにかく早目に手を打つことが大切なんだ。だから、何か困ったことがあったら一人で悩まず、すぐに相談した方がいいよ。

チョルス

うん。そして、何より、買い物や契約はよく考えてからするように気をつけないといけないね。ジャックさん、色々とありがとう。

■独立行政法人国民生活センター 消費者ホットライン
Tel:0570-064-370
※最寄りの消費生活相談窓口をご案内しています。


■東京都消費生活総合センター
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/sodan.html ※電話、来所による消費生活相談窓口をご案内しています。

http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/sodan_foreign.html ※外国語(英語、中国語、韓国語)による相談を受けています。


■東京都内消費生活相談窓口一覧
(23区)
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/link/mado_ku.html (市・町窓口一覧)
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/link/mado_shi.html

【ルビ入りEnjoy Tokyo らいふ】のボタンを押しますと自動的にルビが入ったPDFデータがダウンロードされますので、デスクトップなどに保存してください。なお『Acrobat Reader』が入っていない方は、こちらをクリックしてください。