2018年4月号


毎月1回ウェブ版ニュースレター「れすぱす」を配信しています。L'ESPACE(れすぱす)は、場所・空間・宇宙・間隔と、多岐にわたる意味をそなえたフランス語です。

ルビ入りEnjoy Tokyo らいふ バックナンバー

都会のオアシス・皇居に行ってみよう!

ある春の午後、皇居の外周路へとやって来た麻里さんとショーンさん。ふたりはおしゃべりをしながら、ランニングを楽しんでいます。

やっぱり「皇居ラン」は気持ちがいいなぁ。
ショーン
1週5キロ、信号がないからノンストップで走れる。こんなランニングコース、なかなかないわよね。
麻里
東京のど真ん中なのに、緑が多くて自然が感じられるのもうれしいよね。
ショーン
皇居ランは、周辺の観光名所を眺めながら楽しくランニングできることでも人気なのよ。ねぇ、たまには少しコースを外れて、実際に名所めぐりをしてみない?ショーンさんは、皇居の中に入ったことはある?
麻里
そういえば、ないなぁ。いつも外周を走ってばかりだ。
ショーン
じゃあ、今日は大手門まで走ったら、皇居東御苑に入ってみましょうよ。皇居がむかし江戸城だったことは知っている?
麻里
うん、江戸幕府の将軍が住んでいたんだよね。
ショーン
その通りよ。江戸城の本丸、二の丸、三の丸と呼ばれるエリアがあった部分が、今の皇居東御苑なの。
麻里
将軍の城から、天皇の住まいになったのはいつ頃なの?
ショーン
今から150年前、約260年続いた江戸幕府が終わって、明治へと時代が移ったときよ。東御苑は1968年に皇居附属庭園として整備された後、一般公開されるようになったの。かつての江戸城の様子を偲ぶことができる場所として人気なのよ。
麻里

二人は皇居の大手門へとやって来ました。

この門をくぐると、東御苑よ。大手門は江戸城の正面玄関。日本全国から将軍に会いに来た大名たちも、みんなこの門からお城に入ったのよ。
麻里
なんだか、ワクワクするな!
ショーン
この先に見えるのは「番所」。警備の人たちが詰めていたところよ。大名は将軍に会うまでに、3つの番所を通らないといけなかったそうよ。
麻里
ずいぶんと厳重な警備体制だね。
ショーン
ここから先は、江戸城で最も重要なエリアだった本丸の跡よ。
麻里
うわぁ、広いな!こんなに広々と芝生が広がる空間を久しぶりに見たよ。
ショーン
ここに大きな御殿があって、政治が執り行われた「表」、将軍の生活の場である「中奥」、将軍の妻と将軍家に仕える何百、何千もの女性が暮らしていたといわれる「大奥」が続いていたのよ。
麻里
残念、今は何も残っていないんだね。向こうに見える大きな石垣は?
ショーン
あれは天守の土台よ。かつて江戸城には日本一大きい天守がそびえていたんだけれど、火事で焼け落ちてしまったの。今あるのは、天守の再建を目指して築かれたあの天守台だけ。
麻里
天守台だけでもかなりの高さがあるね。石積みも見事だし。
ショーン
あの石垣、上が展望台になっているから上ってみましょうか。とても見晴らしがよくて、皇居の緑の向こうに大手町や丸の内のビル群が見えるのよ。その後は、二の丸の跡地へ行きましょうね。武蔵野の面影を残す雑木林を抜けた先に、立派な日本庭園があるのよ。
麻里
驚いた!東御苑ってずいぶん広いんだね。自然豊かで、静かで、なんだかほっとする。リラックスするのにとてもいい場所だね。
ショーン
まるで都会のエアポケットでしょう?気に入ってもらえてうれしいわ。
麻里

東京都国際交流委員会

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町17-15 大野ビル3階
TEL:03-5294-6542 FAX:03-5294-6540