学校に行けない子どもたちのこと、伝えてほしい 文化祭キャンペーン
秋も深まり、文化祭シーズン真っ盛りです。子どもたちのための国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」では、紛争の影響を受け、学校に行けない世界の子どもたちを支援する同団体の活動を文化祭で取り上げてくれる学校を募集中です。この文化祭キャンペーンは、世界各地にメンバーがいる「セーブ・ザ・チルドレン」が一丸となり、2010年までに紛争地域の800万人の子どもたちに教育の機会を提供しようと行動を起こした「Re-write the future~一緒に描こう!子どもの未来~」にともなうものです。日本の学生たちにも世界の現状を知って、多くの人に伝える活動をしてほしいと今年、アイデアブックやポスター、シールを製作しました。自由な活用を呼びかけています。

セーブ・ザ・チルドレン 1919年に発足。国連の「子どもの権利条約」を理念とし、世界の子どもたちとその家族、周囲の環境を改善するため、現在115カ国以上で精力的に活動している。国連の公式承認も受けている歴史ある国際NGO。

キャンペーンを実施した豊川高校(愛知県)の皆さん


■紛争地の子どもたちに教育を!
 「学校に行くことは当たり前」の日本では想像しにくいことですが、世界には学校に行きたくても行くことの出来ない子どもが1億人以上います。そして、その半数が紛争地の子どもたちです。しかし、紛争地の教育支援に取り組む国際機関は、治安の不安定さなどから意外に少ないと言います。食糧支援などが優先され、教育は後回しになりがちな事情もあります。子どもたちは、けがやトラウマに悩まされるだけでなく、軍による強制労働に駆り出されたり、生計を助けるために働きに出たり、きょうだいの面倒をみるなどの役割を優先したりしなければならず、学ぶ機会が失われてしまいます。

 そうした中、紛争地での教育環境の改善を訴え、争いを繰り返さない力、社会を変える力を育てようと呼びかけているのが、セーブ・ザ・チルドレンのキャンペーン「Re-write the future~一緒に描こう!子どもの未来~」です。学校が整備され、十分な研修を受けた教員が配備されれば、子どもたちは大人に守られた安全な学校で、将来職につくための知識や能力を身につけられます。セーブ・ザ・チルドレンは具体的な目標として、2010年までに学校に通えない300万人の子どもたちに教育の場を提供し、通学中の500万人の子どもたちに適切な教育を提供するとしています。


■学生ならではのアイデアに期待
 その「Re-write the future」の国内向けPR第1弾が、文化祭キャンペーンです。セーブ・ザ・チルドレンの活動を自主的に応援したいと申し出る学校は以前からありましたが、今年は応援を待つばかりでなく、逆に全国の学校に働きかけてみようと特製アイデアブックやポスター、シールを製作。文化祭での活用を広く呼びかけています。期間は11月末日まで。対象は中学・高校・専門校・大学で、募集は先着100校です。

 担当スタッフの渡辺愛さんによれば、若い柔軟な発想による募金活動は感心させられるものが多いと言います。例えば昨年、富山県立高岡高校は、学校のロゴ入り鉛筆と校章入りシャーペンをそれぞれ1000本、500本製造・販売し、その収益を寄付に当てました。商品は大人気で完売でした。学生たちが力を合わせて取り組むと、思わぬアイデアが生まれ、見事な結果をもたらすことがあります。今年は、大々的に募集をかけたこともあり、事務局ではグランプリ賞、アイデア賞、募金箱デザイン賞の3部門を用意し、ユニークな取り組みを期待しています。

 「開催校には、レポート提出と共に世界の子どもたちへ向けたメッセージもお願いしています」と渡辺さん。既に実施したいくつかの学校から「国境を越えて、共にがんばろう!」「早く学校に通えるようになるといいですね」と、温かい声が届き始めています。

富山県立高岡高校文化祭でのチャリティーバザー 開催校に提供されるキット


文化祭キャンペーン参加申し込み方法

学校名、代表者名、住所、電話番号、メールアドレス、文化祭実施時期を明記し、メール(intern@savechildren.or.jp)、FAX(03-8516-8923)、電話(03-3516-8922)のいずれかでお申し込み下さい。メールは、件名を【文化祭キャンペーン】として下さい。なお、セーブ・ザ・チルドレンのスタッフによる出前ワークショップや講演も受付中です。

※文化祭キャンペーンに続くPR第2弾以降は、セーブ・ザ・チルドレンが一般公募した広報ボランティアチーム(約30人)が企画し、実施していきます。年内に写真展や駐在員活動報告会などを計画中です。

セーブ・ザ・チルドレンの活動へのご寄付は郵便振込で
口座番号:00900-1-120760/口座名義:セーブ・ザ・チルドレン・子ども基金(振込手数料は無料)




top
れすぱす HOME バックナンバー 東京都国際交流委員会 今月のピックアップ アパートれすぱす れすぱすINTERVIEW ONE POINTれすぱす