2019年3月号


毎月1回ウェブ版ニュースレター「れすぱす」を配信しています。L'ESPACE(れすぱす)は、場所・空間・宇宙・間隔と、多岐にわたる意味をそなえたフランス語です。

ルビ入りクローズアップ バックナンバー

特定非営利活動法人日本生活・語学支援機構(エルジェ)

~専門知識とスキルを持つ日本語教師たちによる日本語教室~

今月のクローズアップは、特定非営利活動法人日本生活・語学支援機構(エルジェ)をご紹介します。杉並区を拠点として活動するエルジェは、日本で暮らす外国人がより充実した生活を送ることができるよう、さまざまな生活サポートと日本語指導を行っているNPOです。エルジェの最大の強みは、日本語教室を担当する講師全員が、日本語指導を専門に学んだ教師であること。今回は、日本語指導部で教室の中心となって活動する菊地優さんに、エルジェについて詳しくお話を伺いました。

日本語指導部 菊地 優氏

エルジェ設立の経緯を教えてください。

菊地さん

エルジェは、ある日本語教師養成講座に通っていた仲間たちが集まって設立したNPOです。当初、ボランティアとして日本語を教えていたメンバーたちがNPO設立へと動き出すきっかけとなったのは、2011年の東日本大震災。日本で暮らす外国人のために自分たちに何ができるかを考えた結果、外国人に生活サポートと日本語指導を提供する団体として、エルジェを立ち上げることになったのです。そしてもうひとつ、在住外国人を支援する団体を設立した背景には、エルジェの理事長となった宮原睦子の留学体験もありました。中学卒業後に海外へ留学し、言葉も文化も生活習慣も異なる土地で多くの人に支えられた経験を持つ宮原は、いつか逆の立場で、日本で暮らす外国人の力になれればと思い続けていたのです。

エルジェのおもな活動内容を教えてください。

菊地さん

外国人からの悩み相談に対応する生活サポートと、月に3回、日曜日の午前中に開催している日本語教室がメインの活動になります。生活サポートに寄せられる相談の内容は幅広く、ビザの更新など一人で処理するのは難しい手続きから、ごみの出し方といった生活に密着したものまで、日本で生活する中で直面する様々な悩みごとをカバーしています。また、日本語教室では、日常会話からビジネス会話指導まで学習者のレベルに合わせたクラスを用意、初級の方を対象としたクラスでは教科書を中心に会話のレッスンを進め、中上級の方を対象としたクラスでは、教科書でさまざまな表現を学ぶと同時に、新聞の記事やコラムを使った長文読解にも力を入れています。

日曜日の午前中に集まった熱心な学習者たち。
© Japan Life and Language Support Organization

レッスンを担当するのは個性豊かな教師たちです。
© Japan Life and Language Support Organization

エルジェの日本語教室の特色はどういったところにあるのでしょうか。

菊地さん

まず、学習者のほとんどが仕事をしている社会人ということが挙げられます。職場のコミュニケーションは英語で済むけれど、せっかく来日したのだから日本語を話せるようになりたい、もっと日本での生活を楽しみたいという思いでやって来る方が多いです。また、日本人の配偶者と一緒に日本へやって来たものの日本語がほとんどわからなくて困っているという方や、流暢に日本語を話す上級者にも関わらず日常的に日本語を話す機会がないからということで通われている方もいます。また、エルジェの日本語教室の最大の強みとしては、日本語学校が教師を採用する際の条件としている420時間の日本語教師養成講座を修了、大学で日本語教育を専攻、あるいは日本語教育能力検定試験を合格している人が指導を行っていることが挙げられます。エルジェのレッスンは、100分のレッスンが1200円。日本語学校で教えられるスキルを持った講師たちのレッスンをこの価格で受けられるというのは、かなりお得だと自負しています。

エルジェの活動を紹介する新聞「ことのわ」
© Japan Life and Language Support Organization

忘年会ではみんなで鍋を楽しみました。
© Japan Life and Language Support Organization

生活サポートと日本語教室以外の活動はされていますか。

菊地さん

日本語の勉強をするだけでなく、日本の文化にも触れてもらおうと、季節ごとにさまざまなイベントやフィールドトリップを企画しています。昨年の夏には浴衣を来てお祭りに行くイベントを開催、また年末の忘年会では、鍋や手巻きずしを楽しみました。こうしたイベントは、日本の文化や習慣を体験できる貴重な機会ということで、外国人の方に大好評です。

企業の現場を訪ねるフィールドトリップも開催。
© Japan Life and Language Support Organization

東京メトロの車両基地を見学しました。
© Japan Life and Language Support Organization

活動における課題と今後の展開について教えてください。

菊地さん

エルジェのメンバーは各々仕事をしながら、エルジェの活動を行っています。そのためレッスンの準備のことを考えると、日本語教室の開催日がどうしても週末になってしまい、学習者の希望に応じきれないことが悩みの種です。もし平日にも日本語教室を開催することができれば、日中なら小さなお子さんを連れたお母さん、夜ならば、仕事帰りに勉強したい社会人の方なども利用しやすくなるでしょう。より多くの学習者に集まってもらうためにも、開催日時の見直しを検討する必要があると考えています。また、学習者の希望にフレキシブルに対応されているボランティアの日本語教室は数多くありますが、エルジェとしては、専門知識とスキルを持つ日本語教師を揃えていることを強みとし、より学習者の要望に沿った授業を展開することで、差別化を図っていきたいと思います。現在、子ども向けの日本語教室の開催についても検討を始めたところです。エルジェの日本語指導を、子どもも含めたもっとたくさんの外国人に提供できるよう、今後も努 力と工夫を積み重ねていく所存です。

書道家を招いて開催した書道教室
© Japan Life and Language Support Organization

慣れない筆で漢字に挑戦しています。
© Japan Life and Language Support Organization

東京都国際交流委員会

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町17-15 大野ビル3階
TEL:03-5294-6542 FAX:03-5294-6540