column1 容器包装リサイクル法について考える

 「容器包装リサイクル法」が制定されてから、今年の6月でちょうど10年になります。増え続けるごみの減量化のため、循環型のリサイクル社会をめざして制定された法律ですが、この法律を改正しようという動きが広がっています。なぜ改正が必要なのか、どんな点を改正する必要があるのか。そしてそもそも「容器包装リサイクル法」とはどのような内容なのか、「容器包装リサイクル法の改正を求める全国ネットワーク」の服部さんに教えていただきました。

Q 現在発効されている「容器包装リサイクル法」の内容と、その問題点を教えてください。
A 家庭から出るごみの容積比を見ると、約60%をペットボトルやトレイ、ポリ袋などの容器包装ごみが占めています。このままでは埋め立て処分場が一杯になってしまうので、それらをリサイクルしようという目的で「容器包装リサイクル法」ができました。
この法律では、「消費者が分けて出す」「市町村が集める」「容器包装に関わる事業者がリサイクル」するということが決められています。ごみを集めて、汚いものをより分けたり、保管したりするまでは市町村のお金(税金)で負担しますが、それから先の工程は事業者が負担します。こうしてリサイクルの仕組みは整ったのですが、容器包装ごみは減らず、繰り返し使えるリターナルびんは減ってしまいました。理由は、市町村が負担するお金が事業者の分より多いからです。市町村は容器包装を集めれば集めるほどお金がかかり、負担が増えていきます。一方で、事業者は安いお金でリサイクルできるため、過剰包装を減らそうとしたり、リユース容器に変えようとしません。

Q 改正を求めるために行われていらっしゃる具体的な活動内容と、おもな実績を教えてください。
A 2003年10月、ごみ問題の解決を目指す市民や団体が集い、「容器包装リサイクル法の改正を求める全国ネットワーク」を立ち上げ、全国で請願署名に取り組みました。2004年6月には超党派の国会議員212人の紹介を得て、約94万人分の署名を国会に提出しました。さらに、市町村議会から国へ向けて意見書を出すための働きかけをして、現在350以上の地方議会から意見書が提出されています。このような動きをみても、多くの方が改正を望んでいることがお分かりでしょう。
請願署名や意見書は「(1)容リ法を改正し、市町村が負担している収集・選別・保管にかかる費用を事業者が負担して製品の価格に含めること、(2)まずリデュース(ごみを出さない)、次にリユース(繰り返し利用する)、最後にリサイクル(もう一度資源として活用する)の優先順位で進めるために、さまざまな手法を取り入れる」という内容です。
次に、容リ法改正のための「市民案」づくりに取り組みました。大きな特徴は「事業者が収集から再商品化までの役割を担い、最終的にその費用を商品の価格に含める」ということです。そうすれば、事業者は過剰包装をなくし、リサイクルコストの少ない製品づくりに転換するようになります。

Q ペットボトルなどを国内でリサイクルせず海外に輸出することは、日本にとっていいことなのでしょうか。それともよくないことなのでしょうか?
A よくないことです。大量リサイクルを助長するだけです。環境負荷のできるだけ少ない、適正なリサイクルを行うためには、国内でのリサイクルが望ましいのはいうまでもありません。また、中国などが自国の再資源で賄えるようになった場合は、日本に大量の廃ペットボトルがあふれてしまうことになります。収集費用の負担が重いため、市町村によっては容リ法を離脱して有価で売るところが出てきましたが、容リ法を改正して事業者がリサイクルのすべての費用を負担することで、問題は解消できます。

Q 事業者・生産者の責任がより求められなければいけない、ということですね。
A そのとおりです。市町村の税金で収集などを行う場合、ペットボトルを買う人も買わない人もそのお金を払わざるを得ませんが、利益を得る事業者と便益を得る消費者がその費用を負担すれば、そうした不公平は解消されます。ごみも減らず、お金をかけて大量にリサイクルする、これではごみ問題は解決しません。生産者は製品がごみになってからも責任を負う「拡大生産者責任」という考えが、EUをはじめ世界中の共通認識になりつつあります。事業者と消費者がリサイクルコストを負担することでごみが減り、環境負荷も軽減できる、そのような法律に変えていきたいと思います。

関連サイト


column2 れすぱす5月号 特別コラム: 今日からはじめるエコ生活
 


 江戸時代の日本は「リサイクル先進国」といえるほど、循環経済が成り立っていたことをご存知でしょうか。 農家は武家や長屋に作物を持っていき糞尿と交換してもらい、それを畑の肥料に利用していました。つまり、農村でできた米や野菜を町の人が食べ、町で出る排泄物がまた農村の土で養分となり農作物を育むという、まさに循環型社会だったのです。そのほか、かまどの灰、紙くず、古着、古釘、傘などを買う仕事もあり、資源を再利用するということが生活文化として定着していました。

明治時代に入り近代産業が興ると、廃品を回収し工場に原料として供給する業者が現れました。今でいうリサイクル業者の先駆けです。各家庭から回収される屑物は古着・古布や屑繊維から始まり、折れた釘から何と髪の毛まで、あらゆるものがリサイクルの対象となりました。ロウソクの燃えくずでさえ、再生ロウソクの原料として使われていたのです。それらは買い出し人と呼ばれる業者によって集められたのち、品目別に資源の仕分けをしてから専門の問屋を経て、さまざまな産業の原料として供給されました。
しかし、資源の再利用が近年まで生活に溶け込んでいたことが災いし、日本では法の整備が遅れてしまいました。
ヨーロッパではこのように整然としたシステムがなかったので、かえって新しい制度設計がしやすかったのです。

リサイクル先進国であるドイツの法律は、「廃棄物回避法」からさらに進化して「循環経済廃棄物法」となっています。つまり、「リサイクルすればいいというものではなく、ゴミそのものを出さない。どうしても出るごみについては、最新の技術を用いてリサイクルする」というのが、ドイツの考えなのです。メーカーに対して使用済み製品を引き取らせ、処理させる責任を義務づける制度を世界に先駆けて導入したのもドイツです。

日本では、このままのペースでゴミが捨てられると、ゴミの最終処分場が約12年後には満杯になってしまうといわれています。1日あたりにひとりが出すゴミの量は、平成13年で1124gです(平成17年版環境統計集より)。ひとり1kg以上のゴミを毎日出していれば、捨てる場所がなくなるのも無理はありません。ゴミの量を減らすことは切実な問題なのです。
近頃、3R「リサイクル(Recycle:再資源化して利用する)」、「リユース(Reuse:再使用する)」、「リデュース(Reduce:ごみの発生をおさえる)」という言葉がよく聞かれるようになりました。これからは大量生産、大量消費型社会から脱却し、資源循環型社会を築くことがますます重要になります。

私たちがゴミを減らすために、今日からはじめられることは何でしょうか。スーパーに買い物に行くときにバッグを持参する、いわゆる「マイバッグ」「エコバッグ」を実践している人は、かなり見かけるようになりました。そのスーパーでも、同じ商品を買うならトレイにラップで包装された商品ではなく、ばら売りしているほうを選べば、それだけゴミの量は減ります。さらに大型スーパーでは、最初に2~3リットルのポリタンクなどを購入すると、その容器が使える限り飲料水を無料、もしくは非常に安く提供するサービスを行っているところもあります。このサービスを利用すれば、2リットルのペットボトルに入ったミネラルウォーターを何本も買う必要がなくなり、それだけゴミの減量につながります。
また、家庭で出る生ゴミを堆肥にするバケツも売られていますが、自治体によっては生ゴミ処理用器具に補助金が出ますので、購入を考えている人は問い合わせてみましょう。
リサイクルショップも有効に活用したいものです。使える家電や家具などを処分するのは有料ですが、リサイクルショップに持っていけば(引き取りに来てくれる店もあります)買い取ってもらえるだけでなく、「ゴミ」扱いだったものが「商品」となります。
手のかかるものや面倒な方法のものは長続きしないという人でも、ちょっと気をつけるだけでゴミの量は随分減らせるのです。自分の暮らす環境を守るために、できることから始めてみてはどうでしょう。

関連サイト
 ・農林水産省・食品リサイクル関連のページ
 ・環境省 廃棄物・リサイクル対策
 ・経済産業省 環境・リサイクル
 ・食品リサイクル機器連絡協議会
 ・東京都環境整備公社
 ・社団法人 プラスチック処理促進協会

column3 国際交流・協力まめ知識
知ってて得する!?国際協力のあんなこと、こんなこと。

 ガラスビンには、洗浄してそのまま何回でもくり返し使える「リターナブルビン」と、使用後はカレット(ガラスくず)にして再びビンとして再生されたり、建築資材などに生まれ変わる「ワンウェイビン」があります。このうちリターナブルビンの代表であるビールビンの回収率は99%。1本のビンの寿命は約8年、その間に約24回もくり返し再利用されています。
ドイツではビール、ミネラルウォーター、清涼飲料、ワインの飲料物全体で、再使用可能な容器包装の市場流通量にリターナルビンの占める割合が72%以上を目指すと法律で定めており、使用回数は25~50回といわれています。デンマークではビールと清涼飲料の容器はすべてリターナブルビンを使用するよう法律で義務づけられ、缶入りの飲料容器は認められていません。このように、リターナルビンの使用を法令化している国があることからも、リターナルビンがいかに環境にやさしい「優等生」かがわかります。
ビンは重いので敬遠されがちですが、ちょっとの努力やがまんで、地球にやさしいエコ生活を送りたいですね。


環境にやさしいリターナブルビン 参照サイト:
リサイクル情報紙クリーンネットちば
活きビン維新


バックナンバー


地球村へのパスポート4月号
・京都議定書について
・特別コラム: 環境問題
・世界地図から消えてしまう恐れのある国 ツバル

地球村へのパスポート3月号
・(社)シャンティ国際ボランティア会インタビュー 緊急支援について
・特別コラム: 寄付金への意識
・世界最古の消防隊ローマから誕生

地球村へのパスポート2月号
・AMDAインタビュー 緊急支援について
・2月号特別コラム インドネシア・スマトラ島沖地震・津波災害に対する
    国際支援について日本のNGOを紹介

・国際用語 TSUNAMI

地球村へのパスポート1月号
・環境問題を考える
・1月号特別コラム 日韓友情年2005 ~進もう未来へ、一緒に世界へ~
・国際交流・協力まめ知識 スラム街からの贈り物
地球村へのパスポート12月号
・チャリティについて
・12月号特別コラム 世界人権宣言
・国際交流・協力まめ知識 外国の切手になった野口英世
地球村へのパスポート11月号
・国際協力に参加するには
・11月号特別コラム 世界エイズデー
・国際交流・協力まめ知識 エイズ~音のない戦争
地球村へのパスポート10月号
・国際協力に参加するには
・10月号特別コラム 国際コメ年と世界食料デー
・国際交流・協力まめ知識 ネリカ米 アフリカの救世主
地球村へのパスポート9月号
・国際協力に参加するには
・災害を通して命の大切さや協力の大切さを知る
・国際交流・協力まめ知識 厳冬の日本にモンゴルの温かい友情
地球村へのパスポート8月号
・国際協力に参加するには
・8月号特別コラム 100万人のキャンドルナイト
・国際際交流・協力まめ知識 バーチャル・ウォーター
地球村へのパスポート7月号
・国際協力の現場を訪ねるスタディツアー
・7月号特別コラム 人工問題は地球の未来の問題
・国際交流・協力まめ知識 世界の環境大都市だった江戸
地球村へのパスポート6月号
・暮らしの中でできる国際協力「フェアトレード」
・6月号特別コラム 「世界難民の日」に難民問題と国際協力を考える
・国際交流・協力まめ知識 戦後の日本人に希望をくれた国際協力
地球村へのパスポート5月号
・国際協力とは?
・5月号特別コラム -アースデイを通して国際交流・協力を考える-
・国際交流・協力まめ知識 -日本も世界から援助されたことがあった-
top
東京都国際交流委員会 れすぱすトップ バックナンバー 地球村へのパスポート アパートれすぱす 今月のピックアップ