国際交流・国際協力団体の活動紹介
東京ボランティア・市民活動センター
~活動する“市民”の心強い味方~
ボランティア活動など、市民による社会的活動の推進・支援を積極的に展開している「東京ボランティア・市民活動センター」。支援活動の内容や、ボランティア初心者へのアドバイスなどを、専門相談員の池澤良子さんにお聞きしました。

 
■多様化するボランティア・市民活動
 JR飯田橋駅に隣接するビルの10階。専門相談員が常駐するカウンターがあり、壁にはボランティア・市民活動関連のパンフレット類が多数掲示された、広々としたスペースが「東京ボランティア・市民活動センター」です。
このセンターは、元は1981年に、種々のボランティア活動の推進・支援を目的に「東京ボランティア・センター」として設立された組織ですが、1998年に現在の名称に変更。ボランティア活動に加え、市民が主体となって他者や社会に非営利で貢献する市民活動の推進・支援にも領域を広げて活動しています。
 「ボランティアというと福祉関係の活動を思い浮かべることが多いようですが、実際には文化・芸術、環境問題、国際協力など、活動分野は多岐にわたりますし、参加者も小学生から社会人、シニアまでさまざまです。また、最近は、NPO(民間非営利団体)などの市民の組織的な活動が増えてきました。新たな社会の課題に対応してボランティア・市民活動も非常に多様化してきていますね」と語る池澤さん。そうした動向を鑑みて、東京ボランティア・市民活動センターでは、情報提供や相談、研修、ネットワーク作りなど、各種ボランティア・市民活動を総合的に支援する事業を行っています。
 たとえば、情報紙「ネットワーク」やホームページ「ボラ市民ウェブ」などによる幅広い情報提供や、ボランティア・市民活動全般についての電話や来所による相談、NPO法人の設立・運営に関する相談や研修など。このほか、子ども・学生・企業人・シニアの各層・各世代に向けたボランティア活動推進プロジェクトも進めていますし、都内区市町村のボランティア・センターと連携して、地域でのボランティア・市民活動の推進にも力を注いでいます。
れすぱすTOKYO