2019年2月号


毎月1回ウェブ版ニュースレター「れすぱす」を配信しています。L'ESPACE(れすぱす)は、場所・空間・宇宙・間隔と、多岐にわたる意味をそなえたフランス語です。

ルビ入りEnjoy Tokyo らいふ バックナンバー

ちょっと不思議な日本のバレンタインデー

2月初めの日曜日。同じ会社で働く、ユナさん、奈々子さん、ジュゼッペさんの三人は、銀座へとやって来ました。

見て! 街中のショーウインドーがピンクのハートで埋め尽くされているわ。
ユナ
もうすぐバレンタインデーだもの。私もそろそろチョコレートを買わなきゃ。
奈々子
それは本命チョコ? それとも義理チョコ?
ユナ
もちろん、どっちもよ。
奈々子
女性が想いを寄せる男性に贈る「本命チョコ」に、会社の上司や同僚に配る「義理チョコ」か。日本のバレンタインデーは変わっているなぁ。
ジュゼッペ
ヨーロッパでは、バレンタインデーは「恋人たちの日」なのよね。
ユナ
うん。だから、まだ付き合っていない相手にプレゼントを渡すことはないし、男性が女性に贈り物をするのが一般的だし、ましてや「義理チョコ」なんて聞いたことがないよ! 日本で働き始めて、初めて同じ部署の女性にチョコレートをもらったときは、「どうして、この人がぼくに?」とビックリしたよ。
ジュゼッペ
そもそも、チョコレートはバレンタインデーの定番の贈り物じゃないのよね?
奈々子
そうだね。バレンタインデーの贈り物の代表といえば、やっぱり花束だろうな。
ジュゼッペ
日本でバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣ができたのは、お菓子メーカーのキャンペーンがきっかけだそうよ。それを聞くと、ちょっと微妙な気持ちになるわよね。ユナ、あなたの国のバレンタインデーは?
奈々子
韓国のバレンタインデーは日本とほぼ同じよ。女の子が甘いチョコレートに想いを託して、好きな男の子に告白するの。贈り物として人気なのは、チョコレートを詰めて華やかにラッピングしたバスケット。義理チョコやホワイトデーもおなじみよ。
ユナ
そうそう、3月14日のホワイトデー! 男性が女性にバレンタインデーのお返しをする日があるなんて、これもまた驚きだったな。
ジュゼッペ
韓国には、ブラックデーというのもあるのよ。バレンタインデーにもホワイトデーにも縁がなかった寂しい男女が4月14日に集まるの。黒い服を来て、黒いチャジャン麺を食べながら、お互いを慰め合うのよ。
ユナ
それは、韓国オリジナルのユニークな記念日ね!
奈々子

デパートのチョコレート売り場を覗いた三人は、チョコを買い求める人たちの熱気に圧倒されます。

そう言えば、私、バレンタインデーの由来を知らないわ。
ユナ
それはバレンタインデー発祥の国、イタリア出身のジュゼッペに聞きましょ!
奈々子
2月14日は、ローマ帝国の時代、兵士たちの結婚を禁じた皇帝の命に逆らい、若者たちのために密かに結婚式を執り行ったキリスト教の司祭、バレンティーノが処刑された日だよ。後にバレンティーノ司祭は聖人となり、2月14日は恋人たちの愛の誓いの日となったんだ。
ジュゼッペ
今や世界中でさまざまな形で楽しまれるようになったバレンタインデーだけど、愛と感謝の気持ちを伝える日であることはどこも変わらないわね。
奈々子
私ね、今年のバレンタインデーは、寄付つきのチョコレートを選ぼうと思っているの。愛と感謝の気持ちを世界のどこかで困っている人にも届けたいから。
ユナ
チョコレートをあげたつもりで寄付をする「チョコ募金」もあるわよ。募金は世界の子どもたちの支援に使われるの。
奈々子
いいね、あげる人ももらう人もやさしい気持ちになれそうだ。年に一度のバレンタインデー、国や地域によって習慣や過ごし方は違うけれど、それぞれのやり方で楽しめたらいいよね。
ジュゼッペ

東京都国際交流委員会

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町17-15 大野ビル3階
TEL:03-5294-6542 FAX:03-5294-6540