リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >転ばぬ先の知恵

日本(にほん)安全(あんぜん)生活(せいかつ)を するために

いろいろな トラブル(とらぶる)に あわないように ()を つけます。

(1)(みち)
  1. ① 日本(にほん)では、(ひと)は (みち)の (みぎ)を (ある)きます。 そして、(くるま)は (ひだり)を (はし)ります。
  2. ② (くるま)の ハンドル(はんどる)も (みぎ)が (おお)いです。
  3. ③ 国際(こくさい)免許(めんきょ)(International Driver's License)の (ひと)は 日本(にほん)の 交通(こうつう)ルール(るーる)を 勉強(べんきょう)します。
  4. ④ 信号(しんごう)は かならず (まも)ります。(ある)いて いる(ひと)に ()を つけます。
  5. ⑤ 自転車(じてんしゃ)も (みち)の (ひだり)を (はし)ります。
  6. ⑥ 自転車(じてんしゃ)標識(ひょうしき)が ある 歩道(ほどう)は  (はし)る ことが できます。しかし、その とき (ひと)が 一番(いちばん) 大切(たいせつ)ですから、(ひと)に ()を つけます。(はや)く (はし)る ことは できません。
  7. 歩道(ほどう) : (ひと)が (ある)く (みち)

  8. ⑦ 自転車(じてんしゃ)に ()る とき
    • かさを さす ことは できません。
    • 携帯(けいたい)電話(でんわ)で (はな)す ことは できません。二人(ふたり)()りは できません。
    • (よる)は 電気(でんき)を つけます。
ページの上に戻る
(2)()()(ひと)が いない うちで お(かね)や (もの)を ()る (ひと)

()()が (おお)いです。

  1. ① (いえ)を ()る とき、カギ(かぎ)を かけます。 ゴミ(ごみ)を ()す ときも カギ(かぎ)を かけます。(みじか)い 時間(じかん)の ときも カギ(かぎ)を かけます。
  2. ② 旅行(りょこう)の とき、新聞(しんぶん)を ()めます。
  3. ③ トイレ(といれ)や お風呂(ふろ)の (まど)も 全部(ぜんぶ) カギ(かぎ)を かけます。
  4. ④ ドア(どあ)に (ふた)つ カギ(かぎ)を つけます。 ドア(どあ)の カギ(かぎ)は シリンダー(しりんだー)(じょう)が いいです。
  5. ⑤ (まど)に (ふた)つ カギ(かぎ)を つけます。格子(こうし)の (まど)にも (ふた)つ カギ(かぎ)を つけます。
(3)自動車(じどうしゃ)オートバイ(おーとばい)自転車(じてんしゃ)

自動車(じどうしゃ)オートバイ(おーとばい)自転車(じてんしゃ)を とる (ひと)が います。

  1. ① 自動車(じどうしゃ)
    • 自動車(じどうしゃ) 降() りる とき、 (みじか) 時間(じかん) 時(とき) も  ドア(どあ) の かぎを ()けます。
    • 自動車(じどうしゃ) 中(なか) に かばんや (もの) 置()きません。(くるま) 外(そと)から 見()えます。
    • 自動車(じどうしゃ)に 警報(けいほう)ブザー(ぶざー)を つけます。警報(けいほう)ブザー(ぶざー)は (ほか)の (ひと)が (まど)や ドア(どあ)を (こわ)す とき、(おお)きい (おと)が ()ます。
  2. ② オートバイ(おーとばい)
    • オートバイ(おーとばい)を ()く とき、カギ(かぎ)を かけます。(みじか)い 時間(じかん)の ときも カギ(かぎ)を かけます。
    • オートバイ(おーとばい)を (みち)に ()きません。駐輪場(ちゅうりんじょう)に ()きます。
    • 駐輪場(ちゅうりんじょう) : オートバイ(おーとばい)や 自転車(じてんしゃ)を ()く ところ

    • オートバイ(おーとばい)を ()う とき、防犯(ぼうはん)登録(とうろく)を します。
  3. ③ 自転車(じてんしゃ)
    • 自転車(じてんしゃ)を ()く とき、(みじか)い 時間(じかん)の ときも カギ(かぎ)を かけます。
    • 自転車(じてんしゃ)に (ふた)つ カギ(かぎ)を つけます。自転車(じてんしゃ)を ()う とき、防犯(ぼうはん)登録(とうろく)を します。
    • 自転車(じてんしゃ)を (みち)に ()きません。駐輪場(ちゅうりんじょう)に ()きます。
(4)スリ(すり)・ひったくり
  1. ① スリ(すり)
  2. スリ(すり)は (みち)で さいふや 大切(たいせつ)な (もの)を とります。

    スリ(すり)は (ひと)が (おお)い (ところ)に います。 花火(はなび)大会(たいかい)、お(まつ)り、初詣(はつもうで)などに ()く ときは ()を つけます。 お(さけ)を ()んだ ときは とくに ()を つけます。

    初詣(はつもうで) : お正月(しょうがつ)に 神社(じんじゃ)に ()きます

  3. ② ひったくり
  4. ひったくりは 自転車(じてんしゃ)や オートバイ(おーとばい)で (うし)ろから ()て、かばんや (もの)を とります。

    自転車(じてんしゃ)や オートバイ(おーとばい)で ()ますから、けがを する ときも あります。 スリ(すり)より (あぶ)ないです。

(ある)く とき

(ひと)が (すく)ない (みち)を (ある)く とき、(うし)ろから ()る (ひと)に ()を つけます。

かばんや (もの)を ()つ とき
  • 自転車(じてんしゃ)や オートバイ(おーとばい)の (とお)る (ほう)の ()には ()ちません。
  • (ふた)つの ()で しっかり ()ったり、タスキ(たすき)がけで ()ったり します。
自転車(じてんしゃ)の とき
  • 自転車(じてんしゃ)の カゴ(かご)に ネット(ねっと)や カバー(かばー)を かけます。
  • 荷物(にもつ)の (うえ)に 雑誌(ざっし)を ()く ことも いいです。
ページの上に戻る
(5)ピッキング(ぴっきんぐ)

ピッキング(ぴっきんぐ)は (むずか)しい かぎを ()けて (いえ)に (はい)ります。

(いえ)に (ひと) が いる ときも (はい)ります。ですから とても (あぶ)ない です。
()を つけます。

(6)スキミング(すきみんぐ)

クレジットカード(くれじっとかーど)や キャッシュきゃっしゅカードかーどを 機械(きかい)で ()んで (わる)いこと(お(かね)を とる) を します。

銀行(ぎんこう)から 使(つか)った お(かね)の お()らせが ()ます。そのとき、 (おお)きい お(かね)が ないのを ()ることが (おお)いです。

  • ジム(じむ)運動(うんどう)する (ところ))や ゴルフ場(ごるふじょう) で カード(かーど)や お(かね)
    1. ① ロッカー(ろっかー)に ()れません。
    2. ② フロント(ふろんと)大切(たいせつ)な ものを (あず)かる (ところ))に (あず)けます。
    3. ③ 大切(たいせつ)な (もの)は、特別(とくべつ)な ロッカー(ろっかー)に ()れます。
  • カード(かーど)の 暗証(あんしょう)番号(ばんごう)自分(じぶん)だけが ()っている 4つの 数字(すうじ))は すぐ ()かる 数字(すうじ)は 使(つか)いません。
    1. ① 誕生日(たんじょうび)
    2. ② 電話(でんわ)番号(ばんごう)

    インターネット(いんたーねっと)でも ()む (ひと)が います。インターネット(いんたーねっと)で カード(かーど)の 数字(すうじ)を (おく)るのは (あぶ)ないです。

(7)(わる)い (くすり)

日本(にほん)では (わる)い (くすり)を ()る ことも ()う ことも できません。

(わる)い (くすり)にも (あたら)しいものが あります。

(わる)い (くすり)で ()んだり、 (くるま)の 事故(じこ)を ()こす ことも あります。()を つけます。

(8)()()め 詐欺(さぎ)

電話(でんわ)で うそを ()って、(ひと)から お(かね)を (と )る (ひと)です。 (いま)日本(にほん)の (おお)きい 問題(もんだい)です。

電話(でんわ)

  1. ① (わたし)は あなたの 家族(かぞく)ですが、(いま) 大変(たいへん)です。 (いま)すぐ、銀行(ぎんこう)へ ()って、お(かね)を (おく)って ください。
  2. ② あなたの 家族(かぞく)が (わる)い ことを しました。 (いま)すぐ、銀行(ぎんこう)へ ()って、お(かね)を (おく)って ください。
と ()った とき、 すぐ 電話(でんわ)を ()ります。そして あなたの 家族(かぞく)に (でん)()します。

(9)インターネット(いんたーねっと)トラブル(とらぶる)

インターネット(いんたーねっと)を 使(つか)って 事故(じこ)に ()う (ひと)が います。

(かね)を (はら)って くださいと いわれることが あります。

情報(じょうほう)大切(たいせつ)な 色々(いろいろ)な こと)が ほかの (ひと)に わかる ときが あります。

()を つけます。

ページの上に戻る
トップページ >転ばぬ先の知恵
©2006 Tokyo International Communication Commitee