リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >緊急災害時の対応

(きゅう)病気(びょうき)(おお)きい けが

(1) 救急車(きゅうきゅうしゃ)を ()

(きゅう)に 病気(びょうき)や (おお)きい けがで (うご)けません。その とき、電話(でんわ)で 「119」を かけて、救急車(きゅうきゅうしゃ)を ()びます。

携帯(けいたい)電話(でんわ)も 大丈夫(だいじょうぶ)です。

その とき、()います。

  1. ① 救急(きゅうきゅう)です。
  2. ② ○○()()) ○○(まち) ○○丁目(ちょうめ) ○○(ばん) ○○(ごう)です。
  3. ③ ○○○ です。((くるま)に ぶつかりました。(うご)く ことが できません。)
  4. ④ (ひと)が (みち)に います。(うご)きません。(おじいさんが (へん)です。)
  5. ⑤ 名前(なまえ)は ○○です。
  6. ⑥ 電話番号(でんわばんごう)は ○○○○の ○○○○です。

救急車(きゅうきゅうしゃ)の サイレン(さいれん)が ()こえた とき、(そと)へ ()て (おし)えます。

  • 保険証(ほけんしょう)や 病院(びょういん)の カード(かーど)を ()って いきます。
(2) 自分(じぶん)で ()く とき

(かる)い けがや 病気(びょうき)の ときは タクシー(たくしー)や (くるま)で 病院(びょういん)へ ()きます。

(3) (よる)や (やす)みの ()の 病院(びょういん)

日本語(にほんご)が あまり わからない (ひと)は (いえ)から (ちか)い 病院(びょういん)を 調(しら)べます。わからない とき、 電話(でんわ)して ください。 その とき、病院(びょういん)も 病気(びょうき)の ことも ()く ことが できます。

ページの上に戻る
トップページ >緊急(きんきゅう)災害(さいがい)()対応(たいおう)
©2006 Tokyo International Communication Commitee