リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >教育、日本語教育

高等学校(こうとうがっこう)大学(だいがく)大学院(だいがくいん)

高等学校(こうとうがっこう)高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)
  • 中学校(ちゅうがっこう)を 卒業(そつぎょう)した (ひと)は、高等学校(こうとうがっこう)高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)へ 入学(にゅうがく)する ことが できます。
  • 入学(にゅうがく)する (とき) 試験(しけん)が あります。
高等学校(こうとうがっこう)高校(こうこう)
  • 全日制(ぜんにちせい)定時(ていじ)(せい)通信制(つうしんせい)(ちゅう)(こう)一貫(いっかん)教育(きょういく)高校(こうこう)が あります。
  • 単位制(たんいせい)も あります。
  • 単位制(たんいせい) : 学年(がくねん)が ありません。自分(じぶん)で 勉強(べんきょう)を (えら)びます。

  • 全日制普通科(ぜんにちせいふつうか) : 一番(いちばん) (おお)いです。(ひる)に 学校(がっこう)へ ()きます。
  • 職業(しょくぎょう)高校(こうこう ) : 3年間(ねんかん) 学校(がっこう)へ ()きます。
  • 農業高校(のうぎょうこうこう) : (こめ)野菜(やさい)などを (つく)ること、(うし)(ぶた)()などを (そだ)てる ことを 勉強(べんきょう)します。
  • 工業高校(こうぎょうこうこう) : 機械(きかい)電気(でんき)などを 勉強(べんきょう)します。
  • 商業高校(しょうぎょうこうこう) : ビジネス(びじねす)の ことを 勉強(べんきょう)します。
    コンピューター(こんぴゅーたー)の 使(つか)(かた)なども 勉強(べんきょう)します。

定時制高校(ていじせいこうこう)昼夜間定時制高校(ひるやかんていじせいこうこう)

  • 3(ねん) 以上(いじょう) 学校(がっこう)へ ()きます。
  • 定時制高校(ていじせいこうこう) : (よる)に 学校(がっこう)へ ()きます。
  • 昼夜間ひるやかん定時制ていじせい高校こうこう : 午前(ごぜん)()()(よる)に 学校(がっこう)へ ()きます。

通信制高校(つうしんせいこうこう)

  • 時々(ときどき) 学校(がっこう)へ ()きますが ふつう 自分(じぶん)の (いえ)で 勉強(べんきょう)します。
高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)高専(こうせん)
  • 工業(こうぎょう)電気(でんき)機械(きかい)航空(こうくう)飛行(ひこう)())などを 勉強(べんきょう)します。
  • 5(ねん) 学校(がっこう)へ ()きます。
  • 卒業(そつぎょう)した あとで (はたら)く ことも 大学(だいがく)に ()く ことも できます。
  • 東京(とうきょう)には 都立(とりつ)産業(さんぎょう)技術(ぎじゅつ)高専(こうせん)品川区(しながわく)荒川区(あらかわく))・国立(こくりつ)工業(こうぎょう)高専(こうせん)八王子(はちおうじ)())・私立(しりつ)サレジオ(されじお)高専(こうせん)町田市(まちだし))が あります。

短期大学(たんきだいがく)大学(だいがく)大学院(だいがくいん)
  • 高校(こうこう)を 卒業(そつぎょう)した (ひと)は 短期大学(たんきだいがく)短大(たんだい))・大学(だいがく)の 入学試験(にゅうがくしけん)を ()ける ことが できます。
  • 高校(こうこう)を 卒業(そつぎょう)しなかった (ひと)も 「高等こうとう学校がっこう卒業そつぎょう程度ていど認定にんてい試験しけん」に 合格(ごうかく)した あとで、短大(たんだい)大学(だいがく)の 入学試験(にゅうがくしけん)を ()ける ことが できます。
  • 高等こうとう学校がっこう卒業そつぎょう程度ていど認定にんてい試験しけん : 高校(こうこう)を 卒業(そつぎょう)した (ひと)(おな)じくらい 勉強(べんきょう)が ()かるか 調(しら)べる 試験(しけん)

  • 短大(たんだい)は 2(ねん)です。
  • 大学(だいがく)は 4(ねん)です。
  • 短大(たんだい)高専(こうせん)を 卒業(そつぎょう)した (ひと)は 大学(だいがく)の 3年生(ねんせい)に (はい)る ことも できます。(はい)る (とき)試験(しけん)が あります。
  • 大学(だいがく)を 卒業(そつぎょう)した あとで、 もっと 勉強(べんきょう)したい (ひと)は 大学院(だいがくいん)へ ()きます。
  • 大学院(だいがくいん)は はじめは ふつう 2(ねん)です。
ページの上に戻る
トップページ >教育、日本語教育
©2006 Tokyo International Communication Commitee