リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >日本に住むときの手続き

マイナンバー

マイナンバーとは、日本に住民票のあるすべての人につけられる12ケタの番号で、社会保障・税・災害対策の分野の行政手続きで利用されます。法律に基づき、社会保障や税の行政事務に利用するため、勤務先や金融機関等からマイナンバーの提供を求められることがあります。
住民登録のある外国人も対象となります。

マイナンバーの通知

日本に入国した後、区市町村で住民登録をすると、住民票のある住所地にマイナンバーの通知カードが届きます。
通知カードはマイナンバーを知らせる大切なカードです。紛失したりしないよう、大切に保管してください。

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付

マイナンバーカード(個人番号カード)は、マイナンバーが記載された写真付きのICカードです。申込をすると無料で交付されます。公的な身分証明書として使用できるほか、コンビニで住民票の写しや印鑑登録証明書を取得したり、確定申告で電子申告をする際などに利用できます。
通知カードと一緒に郵送されてきた交付申請書で申込をしてください。区市町村の窓口で本人確認をして交付します。マイナンバーカードの申込は、パソコン、スマートフォン、まちなかに置かれている証明用写真機からもできます。

マイナンバーの注意点

番号が漏えいし、不正に使用される恐れがある場合を除き、マイナンバーは変更されません。
また、マイナンバーは、手続きのために行政機関等に提供する場合を除き、むやみに提供してはいけません。

マイナンバー総合フリーダイヤル

ページの上に戻る
トップページ >日本に住むときの手続き
©2006 Tokyo International Communication Commitee