リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >日本に住むときの手続き

印鑑・印鑑登録

日本では、署名(サイン) に代わる意思確認の証明として印鑑が必要です。特に重要な書類に押す印鑑については、登録をしておかなければなりません。申請は住んでいる地域の役所でおこないます。この印鑑を「実印」といい、印鑑が本人のものであることを証明するには印鑑登録証明書が必要です。印鑑登録証明書を発行してもらうには印鑑登録証(多くはカード型)を役所にもって行かなくてはいけません。

印鑑登録についてのポイントを以下にまとめました。

  • 印鑑の材質や大きさ、使える文字には指定があるので注意しましょう。
  • 印鑑に彫る名前は、外国人登録をしている氏名です。
  • 登録できる印鑑は1人1個だけです。
  • 申請は住んでいる区市町村の役所で受け付けます。
  • 申請できるのは本人だけです。病気など特別の理由がある場合は代理人による申請ができますが、本人の委任状が必要です。
  • 申請には本人確認のための身分証明書(在留カード等)が必要です。
  • 登録には手数料がかかります。金額は区市町村の役所に問い合わせてください。
  • 申請した印鑑が登録されると「印鑑登録証」が渡されます。大切に保管してください。
ページの上に戻る
トップページ >日本に住むときの手続き
©2006 Tokyo International Communication Commitee