リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >日本に住むときの手続き

戸籍

日本には、日本人について、出生、死亡、結婚、離婚などを登録する戸籍制度があります。外国人であっても日本に住んでいて出生、死亡などの事実があった場合は住んでいる地域の役所に届出をしなくてはなりません。また、結婚、離婚などの届出をすることができます。これらの届出をするときは、同時に本国の政府にも届出をしてください。内容や方法は国によって違いますので、本国の大使館や領事館に問い合わせてください。

なお、外国語で書かれている書類は、翻訳文、翻訳者の氏名と署名が必要です。また、以下に記載した必要書類は代表的なもので、それ以外にも書類が必要な場合もあります。詳しくは住んでいる地域の役所に問い合わせてください。

婚姻届

日本国内で結婚する場合は、結婚する二人のどちらかの住所がある地域の役所に届出をしてください。婚姻届は、届出が受理されたときから有効です。必要なものは以下のとおりです。なお、夫婦ともに外国籍の方の場合、本国の大使館などで結婚できる場合があります。

  • 婚姻届(証人2名の署名(サイン)、なつ印が必要です。 ※証人が外国籍の方の場合、署名(サイン)で足ります。)
  • 旅券(パスポート)
  • 婚姻要件具備証明書(在日大使館、領事館、または本国で発行されたもの)
  • 戸籍謄本(日本人)
日本に住む外国籍の方同士が結婚する場合には、区市町村の役所に問い合わせます。婚姻届が受理された後は、(必要があれば)在留資格などを変更してください。

離婚届

日本国内で協議離婚する場合は、夫か妻どちらかの住所がある地域の役所に届出をしてください。離婚届は、届出が受理されたときに有効となります。必要なものは以下のとおりです。なお、本国の法律により、届出だけでは離婚できない場合があります。また、夫婦ともに外国籍の方の場合、本国の大使館などで離婚できる場合があります。

  • 離婚届(証人2名の署名(サイン)、なつ印が必要です。 ※証人が外国籍の方の場合、署名(サイン)で足ります。)
  • 旅券(パスポート)
  • 戸籍謄本 1通
  • 在留カード、特別永住者証明書など

出生届

日本国内で子どもが生まれたら、生まれた場所、住んでいる地域、または日本人親の本籍のある役所に届出をしてください。届出は生まれた日から14日以内に父親か母親が行います。必要なものは以下のとおりです。

  • 出生届
  • 印鑑(外国籍の方については、署名(サイン)で足ります。)
  • 出生証明書(出生届についているので、医師か助産師に記入してもらいます)
  • その他(健康保険証、母子健康手帳)
日本の法律では、外国籍の両親のお子さんは日本で生まれても日本国籍は取れません。そのため、出生届を提出した後、生まれたお子さんの在留資格の取得も必要となります。

死亡届

日本国内で死亡した場合は、死亡した場所か住んでいる地域の役所に届出をしてください。届出は死亡の事実を知った日から7日以内に親族、同居者などがおこないます。必要なものは以下のとおりです。

  • 死亡届
  • 死亡診断書(死亡届の書類についているので、医師に記入してもらいます)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(14日以内に東京入国管理局に郵送します)
  • 印鑑(外国籍の方については、署名(サイン)で足ります。)

ページの上に戻る
トップページ >日本に住むときの手続き
©2006 Tokyo International Communication Commitee