リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >転ばぬ先の知恵

病気にならないために

病気を防ぐためには、病気や予防策についての知識をもつことが重要です。
日本は夏に高温多湿になるので、食中毒・夏バテ・熱中症に対する注意が必要です。
花粉が多く飛ぶ時期には、「花粉症」により鼻炎や眼のかゆみなどに悩まされる人もいます。日本に特に多いのは、「スギ花粉症」です。

(1)食中毒

夏に高温多湿になる日本では、細菌が繁殖しやすく、毎年食中毒の被害が報告されます。長時間、冷蔵庫に入っていなかった食品は食べない、まな板やふきんなどを除菌するなどの注意と工夫が大切です。
また、冬に流行しやすいのがノロウイルスによる食中毒。ノロウイルスは感染力が強く、集団発生を起こしやすいため、注意が必要です。感染を予防するために手洗いを徹底し、魚介類を調理する際には十分に加熱してください。また、感染した人が吐いたものや排泄したものを処理する際には素手で触らず、汚れた床や食器などをしっかりと消毒して二次感染を防ぎましょう。

(2)夏バテ

高温多湿の日本の夏。全身の疲労感やだるさ、食欲不振など、暑さに対応することができずに起こる体の不調が夏バテです。近年、特に東京などの都市部ではヒートアイランドと呼ばれる現象がおき、天候だけでなく、エアコンの室外機の排熱や、アスファルトの照り返しなどで、予想外の高温になるケースが増えています。水分を十分取る一方、冷たい飲み物を取り過ぎない、充分な睡眠をとる、栄養のある食事を取るなど体力を維持する工夫をしましょう。

(3)熱中症

高温の中で長時間過ごすと、脱水症状などを起こし、時には生命に危険が及ぶこともあります。夏場は水分を多くとること、外出時には帽子や日傘を使用する、長時間日のあたるところで過ごさない、真夏の日中などに屋外で激しい運動をしないなどの注意が必要です。また、屋内でも温度や湿度が高いと熱中症になることがあります。すだれやカーテンで直射日光を防ぎ、扇風機やエアコンを上手に使って室温を調節しましょう。

(4)花粉症

「花粉症」とは、花粉によってくしゃみや鼻みず、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。

原因となる花粉は多く、日本では約60種類の花粉がわかっています。東京での主要な花粉の種類と主な飛散時期は次のとおりです。

  • スギ花粉:2月~4月
  • ヒノキ科花粉:3月中旬~5月上旬
  • イネ科花粉:5月~7月中旬、8月中旬~10月中旬
  • ブタクサ属花粉:8月中旬~10月
  • ヨモギ属花粉:8月中旬~10月

現在、花粉症でない人でも花粉を吸い続けていると、やがて花粉症を発症する可能性があります。東京では、約3.5人に1人がスギ花粉症と推計されており、花粉症の中でも特にスギ花粉症に対して注意が必要です。
スギ花粉が飛散する2月~4月の時期は、天気予報などで花粉の飛ぶ量の予測などの花粉情報が発表されます。スギ花粉症にならないために、また症状を軽減するために、このような花粉情報を利用し、花粉が多く飛ぶ日にはマスクを着用するなどしてできるだけ花粉を吸い込まないようにすることが大切です。
また花粉症に悩まされた経験のある方は、病院などで症状を抑える薬を処方してもらうことも有効な対策です。スギ花粉が飛び始める2週間くらい前から病院に行くようにしましょう。また、症状が軽くなっても、薬を飲むのをやめると急にひどくなる場合があります。医師と相談の上、花粉の飛ぶ時期は薬を飲み続けることをおすすめします。

(5)新型インフルエンザ

新型インフルエンザとは、季節型インフルエンザと抗原性が大きく異なるインフルエンザで、一般に人が免疫をもっていないことから、急速な蔓延により生命及び健康に重大な影響を与えると認められるものをいいます。

平成21年に発生した「新型インフルエンザ(A/HINI)」は、季節はずれの大規模な流行を起こしましたが、ワクチンの接種や実際にこのインフルエンザにかかったことによって多くの人が免疫を獲得したため、平成23年4月1日からは、通常の季節性インフルエンザとして扱われるようになりました。

新型インフルエンザの感染防止・拡大防止

インフルエンザの感染を予防するための対策は、季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザであっても変わりません。こまめに手洗い、うがいをするとともに、咳エチケットを守ることで、自分のみならず、身近な人への感染を予防しましょう。

咳エチケットとは

せき、くしゃみの症状があるときはマスクをする。
せき、くしゃみをするときは口と鼻をティッシュなどで覆う。
せき、くしゃみをするときは周りの人から顔をそむける。

ページの上に戻る
トップページ >転ばぬ先の知恵
©2006 Tokyo International Communication Commitee