リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >緊急災害時の対応

地震

日本は地震の多い国です。地震が起きても決してあせらずに!
いざというときに困らないためにも、食品類の賞味期限や持出品の不備を定期的に点検しておきましょう。

地震にそなえて
非常時持ち出し品の準備

リュックサックなどに、避難のとき必要なものをまとめ、家族全員が知っている場所に置いておきます。中に入れるのは、避難所まで持ち歩ける必要最低限のものとし、自分や家族の状況に応じて準備しましょう。

リュックサックに入れておくものの例


  • 懐中電灯
    (予備の電池)

  • 携帯ラジオ
    (予備の電池)

  • 携帯の充電器

  • ライター

  • 飲料水

  • 食品(すぐに
    食べられるもの)

  • ヘルメット

  • 軍手

  • 衣類
    (下着・くつ下)

  • タオル

  • ウェットティッシュ

  • ビニール袋

  • 使い捨てカイロ

  • 筆記用具

  • 救急用品

  • パスポート・在留カードのコピー

貴重品はすぐに持ち出せるようにしておきます。


  • 現金

  • 預金通帳
    印鑑

  • 常備薬
    お薬手帳
飲み水はひとりにつき1日2~3リットルを用意しておきましょう。
ページの上に戻る
日常備蓄

首都直下地震などの大きな地震が発生した後、自宅が無事だった人たちは家にとどまって避難生活を送ることになりますが、その際、電気・ガス・水道などが使えなくなったり、道路ががれきでふさがれて物資の供給が止まることが想定されます。そのため、ライフラインや流通が回復するまでに時間がかかることを見込んで、各家庭で食料品や生活必需品を自宅に備えておくことが重要になります。

災害用の備蓄を特別な準備と考えると難しいと感じるかもしれません。しかし、ふだんから利用している食料品や生活必需品をいつもより少し多めに買い置きしておく「日常備蓄」なら、簡単に備蓄ができます。

日常備蓄のポイントを以下にまとめました。

  • 日ごろから利用している食べ物や日用品を少し多めに購入します。
  • 日々の生活の中で、古いものから順に消費します。
  • 食べたり使ったりした分を買い足して、常に多めの状態をキープします。

このサイクルを繰り返すことによって、災害が起きたときに、当面それを活用して家で生活することができます。

室内の安全対策

部屋の出入口そばや廊下、階段には物を置かないようにします。

家具の上に重いものや壊れやすいものはなるべく置かないようにします。

家具は固定して倒れにくくしておきます。また、家具だけでなく、テレビやパソコン、ステレオなども固定しましょう。

家具の上に物をのせるときは、倒れないようにします。また、耐震シートなどをしいて落ちにくいようにしましょう。
ページの上に戻る
火災の防止

電気器具は、使用後コンセントからプラグを抜いておきましょう。

石油ストーブやガスストーブは、揺れたり倒れたりすると運転が止まるものを使いましょう。

石油ストーブには必ず灯油を使いましょう。

ガスコンロなどの火気のそばには、家具を置かないようにしてください。
家の補強
  • 不安定な瓦やアンテナはないか、屋根を調べておきます。
  • ガスがプロパンガスの場合は、ボンベを鎖で止めておきます。
  • ベランダに置いてある植木鉢などは下に落ちない場所に置いてください。
避難場所の確認

地震が起きたときの避難場所は、住んでいる場所によって決まっています。自分が行く避難場所がどこか確認しておきましょう。

帰宅困難者対策

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、首都圏で鉄道の多くが運行を停止したことから、500万人以上の帰宅困難者が発生しました。
地震が起きても「むやみに移動を開始しない」という原則を守るため、東京都では、平成25年4月から、「東京都帰宅困難者対策条例」が施行されました。

条例のポイントを以下にまとめました。

 (都民の取組)

  • 地震の時、むやみに移動を開始しないで、安全を確認して職場や外出先に待機します。
  • 家族との連絡手段を複数確保します。

 (事業者の取組)

  • 施設の安全を確認し、従業員を事業所の中に留まらせます。
  • 3日分の水や食料を備蓄します。
  • 鉄道や集客施設の管理者は、駅や集客施設での待機や安全な場所への誘導など、利用者の保護に努めます。
  • 学校等の管理者は、子供たちを施設内に待機させるなど安全確保を図ります。
ページの上に戻る
地震が起きたら
家の中にいるとき
  • 大きな揺れがおさまるまでは動かない
  • テーブルの下などに隠れて身を守ります。隠れる場所がない場合は、クッションや座布団などで頭を守ります。

  • すばやい消火
  • 揺れがおさまったらガスや暖房器具などをすばやく消しましょう。火事の原因になりそうなものはすべて消します。

  • 逃げ道を作る
  • 部屋や玄関のドアを開けます。室内でも裸足で歩くのは危険なので、靴をはきましょう。床にはガラスの破片などが落ちていることもあります。

  • 余震が起きてもあわてずに
  • 大きな揺れがおさまった後でも、小さな揺れ(余震)が何度か起こることがあります。揺れを感じてもあわてず、落ち着いて行動して下さい。

  • 避難の準備
  • 外へ避難するときは、出火の原因をつくらないよう、家を出る前にガスの元栓を締め、電気のブレーカーを切っておきましょう。マンションやビルの場合、階段を使って避難します。エレベーターを使ってはいけません。

  • 避難は徒歩で
  • かならず歩いて避難してください。車やバイク、自転車などは使ってはいけません。荷物は非常時持ち出し品のみを持って行きます。

震度5弱以上の地震が来ると予測された時、気象庁が発表する緊急地震速報があります。テレビなどで速報を見かけたら身の安全をはかりましょう。
外にいるとき
  • 住宅地にいる場合
  • 住宅地で揺れを感じたら、門やブロック塀などには近寄らないようにします。

  • 市街地にいる場合
  • 窓ガラスや看板などの落下物からカバン等で頭を守り、空き地や公園などに避難します。

  • 自動販売機、電信柱、たれ下がった電線には近寄らない
  • 自動販売機や電信柱、たれ下がった電線のそばなどには近づかないようにしてください。

  • 崖や川岸には近寄らない
  • 崖や川岸はくずれやすくなっていることがあるので、近寄らないようにします。

  • 高層ビルにいる場合
  • 階段を使って避難します。エレベーターを使ってはいけません。

  • 地下街にいる場合
  • かばんや着ている服などで頭を守ります。揺れがおさまったら地上への出口に向かってください。出口には人が殺到し、けがをするおそれがあるので気をつけてください。

  • エレベーターの中にいる場合
  • 地震感知装置のついているエレベーターならば、地震が起こると自動的にいちばん近い階に止まります。その階で降りて階段で避難してください。地震感知装置のついていないエレベーターは自動的に止まらないので、階数ボタンをすべて押し、止まった階で降りて階段で避難します。ドアが開かずにエレベーターから出られない場合は、エレベーターの中にある非常電話、非常ボタン、非常ベルなどで外部に知らせてください。救助が来るまでは決して自分でドアをこじ開けたりしないようにしましょう。

  • 電車の中に乗っている場合
  • つり革や手すりにつかまり、倒されないようにしましょう。電車が止まっても、非常ロックを開けて勝手に車外へ出たり、窓から飛び降りたりしてはいけません。乗務員の指示に従い、落ち着いて避難してください。

ページの上に戻る
自動車の中にいるとき
  • スピードを落とし、車を止め、エンジンを切る
  • ハンドルをしっかり握ってスピードを落とし、道路の左側に止め、エンジンを切ります。

  • 揺れがおさまるまでは車内で情報を聞く
  • 揺れがおさまるまでは車内にいて、カーラジオで地震情報を聞きます。

  • 警察官の指示にしたがう
  • 警察官が交通規制を行っているときは、その指示にしたがってください。

  • キーはそのまま、ドアのロックもしない
  • 避難するときは、車のキーはつけたまま、ドアのロックもしないでおき、歩いて避難します。

地震発生のあと
  • 正しい情報を集める
  • 現地の混乱が落ち着いてくるまでは自分自身で情報を集めるようにしてください。災害時はデマなどにまどわされやすくなるので、テレビ、ラジオで、正しい情報を得るようにしましょう。

  • 決められた場所に避難することが大事
  • 長期間、車の中などで寝起きしていると、エコノミー症候群になってしまうことがあります。情報に従って、決められた場所に避難することが大切です。

  • 帰宅支援ステーションを利用する
  • 外出時に大きな地震が発生した場合、家に帰ろうとしても電車やバスが使えず、歩いて帰らなければならないこともあります。東京都では16の道路を「徒歩帰宅支援対象道路」とし、コンビニエンスストアやファミリーレストラン、都立高校、ガソリンスタンドなどを「帰宅支援ステーション」として、水、トイレ、情報の提供などを行います。

  • 災害用伝言ダイヤル
  • 「災害用伝言ダイヤル」は、被災地にいる人が録音した安否などに関する情報を聞けるサービスです。NTTが災害用伝言ダイヤルを始めるときは、テレビやラジオで知らせます。また、携帯電話の機能やインターネットを利用して、被災地の人の安否確認を行う伝言板サービスもあります。

ページの上に戻る
トップページ >緊急災害時の対応
©2006 Tokyo International Communication Commitee