リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >くらしの情報

医療機関

病気やけがをしたときには、病院などの医療機関に行きます。いざというときのために、近くにどんな医療機関があるのか調べておきましょう。

医療機関の種類

日本の医療機関には、規模の小さな「医院・診療所・クリニック」と、複数の診療科目を持つ大きな「総合病院」があります。通常、両方を総称して「病院」と呼びます。

医院・診療所・クリニック

個人で経営している場合が多く、診療科目が限られています。かぜやちょっとしたけがなど、症状が軽いときに行きます。健康上の不安などの相談にものってくれます。

総合病院

複数の診療科目を持ち、検査のための器材や入院の設備が整っています。症状が重いときや、手術や入院が必要な場合に行きます。

総合病院で診察を受けるためには、医院などからの紹介状が必要なことがあります。まずは地域の医院・診療所・クリニックで診察してもらい、必要なら大きな病院で専門的な治療を受けることをお勧めします。日頃から何でも相談できるかかりつけの医者をもつことが大切です。

医療機関を探すには

電話やインターネットで、地域や診療科目、対応言語などの条件から、医療機関を探すことができます。また地域の医療機関を探す場合は、近所の人に聞くのもよいでしょう。

外国語で電話対応する相談窓口もあります。外国語の通じる医療機関の紹介や、日本の医療制度に関する情報の提供を行っています。

名称 電話番号 言語 日時
東京都保健医療情報センター
外国語による相談窓口
03-5285-8181 英語、中国語、韓国・朝鮮語、タイ語、スペイン語 毎日
9:00~20:00
特定非営利活動法人
AMDA国際医療情報センター
03-5285-8088 英語、中国語、韓国・朝鮮語、タイ語、スペイン語 毎日
9:00~20:00
ポルトガル語 月、水、金曜日
9:00~17:00
タガログ語 水曜日
13:00~17:00
ベトナム語 木曜日
13:00~17:00
(認定)特定非営利活動法人
シェア
=国際保健協力市民の会
050-3424-0195
直通
03-5807-7581
代表
日本語、英語 月、水、金曜日
10:00~17:00
080-3791-3630 タイ語
(健康とエイズに関する相談)
木曜日
9:00~16:00
土曜日
17:30~22:00

大学病院医療情報ネットワーク

外国語に対応できる大学病院がまとめられているサイトです。

※救急、夜間、休日のとき

急病や大けがをしたときのことや、通常の医療機関が診療を行っていない休日 や夜間に対応する医療機関については、下記のページを見てください。

医療機関を利用するには

日本の医療機関は、当日の受付順での診察がほとんどですが、あらかじめ日時を決める予約制のところもあります。総合病院では、診察時間が午前中だけの場合もありますので、前もって確認しましょう。

医療機関に持って行くもの

  • 健康保険証:忘れると全額自己負担となるので気をつけましょう。
  • 身分を証明するもの:在留カードやパスポートなどの提示を求められることがあります。
  • 服用している薬:薬の説明書などでも大丈夫です。
  • お金:診療費の支払いは、現金のところがほとんどです。

診察を受けるには

[ 初診のとき ]

① 受付に健康保険証を出します。初めての診察であると伝えましょう。
② 問診票に、どんな症状があるのかや、これまでかかった病気などを書き込みます。
③ 待合室で待ちます。
④ 名前を呼ばれたら、診察室に入って診察を受けます。必要に応じて、検査や処置が行われます。
⑤ 診察が終わったら、待合室に戻って待ちます。
⑥ 名前を呼ばれたら、受付で健康保険証、診察券、薬の処方せんを受け取り、お金を払います。このとき渡される領収書は保管しておきましょう。

[ 再診のとき ]

受付に診察券と健康保険証(その月、初めて受診する場合)を出します。

薬を手に入れるには

① 調剤薬局に行って、処方せんを出します。
② 名前を呼ばれたら、薬を受け取り、お金を払います。

薬は、医療機関内の薬局で受け取るところもあります。

医療機関で注意すること
  • 診察や治療のやり方は国や文化によって異なります。わからないこと、不安なことがあったら、遠慮せずに確認しましょう。
  • 食べ物や薬に対するアレルギーがあったり、宗教上の理由などにより日常生活や治療について制限がある場合には、前もって受付や看護師などに伝えてください。
  • 正確な診断を受けるためには、医師との十分なコミュニケーションが大切です。日本語に不安がある場合は、日本語のわかる人と一緒に病院へ行きましょう。

また、下記のサイトには、多言語の問診票が掲載されていますので、病気やけがの症状などを医師に伝えるときにご利用ください。

ページの上に戻る
トップページ >くらしの情報
©2006 Tokyo International Communication Commitee