リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >教育、日本語教育

日本語教育

今どんな生活をしているか、将来どんなことをしたいか、それによって日本語学習の方法が異なります。自分の目的に応じた日本語を学習しましょう。

日本語を習うには

日本語を習うところとしては、日本語教育機関である「日本語学校」と、国際交流協会やボランティア団体などが開催している「日本語教室、日本語講座」があります。

日本語学校

日本語を勉強するための学校です。おもに日本の大学や専門学校への進学を目指す人たちのためのコースが設置されています。1日に4、5時間、1週間に20~25時間くらい授業が行われます。1~2年かけて勉強し、進学する人たちが多いです。

下記のサイトから日本語学校を検索することができます。

日本語教室、講座

区市町村や国際交流協会、ボランティア団体などが行っている日本語教室や講座は、安い費用または無料で受けることができます。通常、1週間に1~2回、公共施設や学校の空き教室などで開かれています。地域のボランティア・スタッフの協力によって運営されているところが多いので、日本語を学習しながら、地域の人たちと交流することや、生活の情報を得ることができます。大人のための教室、子どものための教室、親子のための教室などいろいろなクラスがあり、グループレッスンからマンツーマンまで授業の形もさまざまです。

詳しくは地域の役所や国際交流協会に問い合わせてください。
また、下記のサイトから都内の日本語教室を検索することができます。

日本語の検定試験

日本語検定試験

日本語を母語としない人を対象にした、日本語の能力を測定するためのさまざまな検定試験があります。現在の力を知り、次の目標を立てるために受けてみるとよいでしょう。進学や就職の際に、自分の日本語能力をアピールするのに利用することもできます。

ページの上に戻る
トップページ >教育、日本語教育
©2006 Tokyo International Communication Commitee