リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >教育、日本語教育

日本の学校制度

まずは、日本の学校制度について簡単に説明しておきます。

日本の学校制度

  • 日本ではその年の4月1日時点で満6歳に達している児童が小学校に入学します。
  • 学年は4月に始まり3月に終わります。
  • 小学校は6年制、中学校は3年制で、 日本国民についてはこの9年間が義務教育です。
  • 外国人については義務ではありませんが、希望すれば地域の公立小・中学校に通う ことができます。
  • 一部の公立小・中・高等学校には、外国人や帰国子女を受け入れる体制が整っているところもありますので、必要であれば住んでいる地域の役所などに問い合わせてください。
  • 中学校卒業後は希望により高等学校や大学に進学でき、就職することもできます。
  • 小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院、ともに国立、公立(都立)、私立の学校があります。
  • 一般の学校に通うのが難しいと思われるような病気や、体の障害がある場合には、専門の学校があります。
このほか、詳しい情報については東京都教育委員会、あるいは住んでいる地域の教育委員会や役所に問い合わせましょう。
トップページ >教育、日本語教育
©2006 Tokyo International Communication Commitee